FENDI 表参道店でアイコンバッグ「バゲット」100点展示

写真拡大

 「FENDI(フェンディ)」のアイコンバッグ「BAGUETTE(バゲット)」が、2012年で誕生15周年を迎えた。これを記念して世界を巡回している、アニバーサリーブック「FENDI BAGUETTE」の発売記念イベント「BAGUETTEMANIA」がフェンディ表参道店に上陸。2フロア構成の店内には過去の作品から新作まで、約100点の「BAGUETTE」が16日までの期間限定で展示・販売されている。 フェンディのアイコンバッグ100点集結の画像を拡大

 「FENDI」は、1997年にSilvia Fendi(シルヴィア・フェンディ)のデザインによって誕生した「BAGUETTE」の15周年を記念して、全世界同時にコレクターズブック「FENDI BAGUETTE」を6月に発売。ラグジュアリーなアーカイブコレクションやDamien Hirst(ダミアン・ハースト)らアーティストがデザインしたアートピースなどこれまで発売された1000種類以上の「BAGUETTE」の中から、Silvia Fendiがセレクト。多彩な「BAGUETTE」の魅力を344ページにわたって紹介している。 書籍の出版と合わせてスタートしたイベント「BAGUETTEMANIA」は、パリやニューヨーク、ミラノなどの世界のフェンディブティックを経て、日本に上陸。会場となるフェンディ表参道店のショーウィンドウの全面に「BAGUETTE」が飾られ、1階には過去のアーカイヴや定番商品など、約80種類の「BAGUETTE」を展示・販売。2階では15周年を記念して復刻された限定バゲットの6型や、東北支援の想いから実現した福島の伝統工芸「会津塗り」とのコラボレーションアイテム、2012-13年秋冬の最新作に加えて、ローマのアーカイヴコレクションより特別に取り寄せられたイタリアの伝統的なシルク織り「LISIO(リジオ)」によるスペシャルバゲットが公開されている。