被災地に笑いを届けに行ったはずが落ち込んで帰って来た「クレイジーラッツ」中岡

写真拡大

8月9日、お笑い芸人のハライチ、ロッチ、我が家の3組で結成される『クレイジーラッツ』が東京・新宿ステーションスクエアで、ネスカフェの主催するチャリティサンプリングイベントに姿を現した。これは、「ネスカフェで元気に! プロジェクト」の一環で、街行く人にエクセラのカフェラテを提供しながら、募金の呼びかけをするというものだ。

そのなかでメンバーは、今夏被災地に訪問したときのエピソードを紹介。ロッチの中岡創一さんは、励ましに行ったはずなのに落ち込んで帰ってきたという。一体何があったのだろうか?

この日のサンプリングイベントは、猛暑のなか大勢の人が集まり、メンバーの話に耳を傾けていた。最近、彼女ができたというハライチの澤部佑さんは、どんなときにカフェラテを飲むかという質問に対して、「大好きな人と飲むのが素敵」と答え、メンバーからいじられる一幕も。

笑いと音楽で日本を元気にをモットーに活動する彼らなのだが、つい先日、宮城県石巻市を訪問した。そのことについて尋ねられると、ロッチのコカドケンタロウさんが相方の中岡さんのエピソードを紹介したのである。

「ネタの後に、サインとか握手で(ファンの皆さんが)盛り上がってくれたんですけど、一人の女の子がね、中岡君がサインを書こうとしたら、嫌だー! って泣いてたんですよ」

と、残念な出来事を話し、会場の笑いを誘った。

ちなみにこのイベントで、一般の参加者にエクセラのカフェラテが振舞われると共に、メンバーは募金を呼びかけた。そして、被災地への応援フラッグが用意されており、メッセージの書き込みも募った。

被災地訪問で中岡さんは落ち込んだのかもしれないが、彼らの姿に石巻市の人々は励まされたのではないだろうか。

参考リンク:ネスカフェで元気に! プロジェクト


この記事の動画を見る