かなり頬がこけた田村一聖、計量後は「米国の食事は味が濃い」と、電気調理器をもちこんで白米と野菜炒めを食べた (C)MMAPLANET

写真拡大

11 日(水・現地時間)にサンノゼのhpパビリオンで開催されるUFC Fuel04「Munoz vs Weidman」に出場する田村一聖。UFC本格参戦にあたり、バンタム級に落としハファエル・アスンソンと対戦する。

知る人ぞ知る実力者、「日本の軽量級は強い」ことを証明するために、有言実行の舞台へ。そんな田村を計量直後にキャッチし、インタビューを試みた。

――計量のときは、バキバキの凄い体を披露しましたね。

「いえいえ、カリカリになっているだけですから(苦笑)」

――やはりフェザー級のときとは、頬のこけかたからして違いますね。体重は何キロほど落としたのですか。

「10キロほどですかね。戻すのは5キロぐらいにしようと思っています。今回、初めてのバンタム級なんですが、67キロとか68キロという体重を落とす過程で追い込み練習をして、かなり動けたんです。

追い込みっていうのもあったんですけど、通常体重の70キロ以上のときより、動けたんでこの階級が適正なのかって思っています。まぁ、減量は厳しかったですけど(笑)。でも、減量のピークも水抜き直前でなく、少し前にしていたので最後の3、4日は凄く楽でした」

――正直なところ、UFC JAPANはタナボタで出場権を得た感がありました。あのままUFCでなく日本で戦い続けていても、バンタム級に体重を落としていましたか。

「そうですね、もうそういう時期かとは思っていました。僕たちは試合が全てなので、練習でどれだけ動けても、試合で勝てないなら考えないといけないので。MMAで食っていて、上を目指しているなら、やはり常に考えていました」

――今回の試合に向けては、どのような練習をしてきたのですか。

「試合の1カ月前までAKAに3週間いました」

――日本と米国と2往復したのですか? それはそれできつくなかったですか。

「いや、全然大丈夫ッスよ(笑)」

――力強い言葉です。ところで、計量で対戦相手のハファエル・アスンソンと顔を合わせましたが、どんな印象を持ちましたか。

「今までの相手とは全然違うなって。これまで自分より背が高かったり、リーチが長い相手は苦手なのに戦い続けてきたんで。65キロの時と比べると、かなり戦いやすいと思います。いくら、力が強くても」

――アスンソンはフックを振り回し、そこから組みつくのでテイクダウンやバックを凌げば、自然と疲れてきそうではあります。

「まぁ、自分がしっかりと動くことです。相手の大きさには関係なく。KRAZY BEEは距離感なんかはピカイチだと思うんで。そうやって回って、自分から入れる時は決めに行きたいですね。せっかくUFCで戦えるので」

――まずは打撃を入れてからと考えていますか。

「そうですね。フェイントも打撃だけじゃなくて、組みを交えたフェイントをかけて。寝技になれば、ヒジとか使って思い切り削ってやります。ガリガリと、結構ヒジもやってきたんで」

――ではUFCデビュー2連勝、期待しています。

「わざわざサンノゼまで来てもらって、ありがとうございます。頑張ります。体の調子は本当に良いんで(笑)」
対戦カード&詳細はこちら