20代女子をなめんなよ!

写真拡大

大手小町に、フェイスブックを使う夫に嫉妬する妻の相談が載っていた。学生時代の同級生の女性とやり取りするメッセージが親密すぎるので、夫に問いただしたところ、「メッセージを勝手に見たのか」と激怒されてしまったという。

以前、夫のフェイスブックに勝手にログインし、交際ステータスを「既婚」に変えて自分の名前をタグ付けしたときも、「わざわざ嫁の名前をプロフに載せてる人なんていない。上司にもからかわれた」と怒っていたそうだ。

「○○さんと既婚」奥さんまでタグ付けされていた

それでも妻は、夫が怒ったのは「独身と偽っておいしい思いがしたかったから」と疑いの目を向けている。回答者からは、「夫が信用できないのなら離婚すべき」「妻に監視されながらの生活は苦痛」といった批判が寄せられた。

逆に、プロフィールに堂々と「既婚」と表示しながら、独身女性を口説いてくる男性もいる。「もうすぐいい報告ができるかも」と周囲に言いふらしていたK子が、会って早々に怒りをぶちまけてきた。

「ちょっと聞いて〜! 最近出会ったアラフォー男性が、2回目のデートで『俺との付き合いを真剣に考えてほしい』とアプローチしてきたのね。その後フェイスブックで友達になってびっくり。彼、交際ステータスが『既婚』だったのよ」

フェイスブックの交際ステータスは9種類。「独身」「交際中」「婚約中」「既婚」「複雑な関係」「オープンな関係」「配偶者と死別」「別居」「離婚」の中から、自分の状態を選択して公開できる。

交際中、婚約中、既婚など特定の相手がいて、かつその人物がフェイスブックを使っている場合は、相手をタグ付けすると「○○さんと既婚」などと表示される。そのアラフォーAさんも奥さんをタグ付けしていて、どんな人かも確認できたという。

しかし、ここまで公開しておいて、20代女子を堂々と口説くなんて不道徳すぎないか。いったいどういうつもりなのだろう。K子に、Aさんはどんなタイプかと尋ねたところ、地味ではあるが仕事ができそうで、ちょっと頼りがいのある感じだという。

Aさんって「結婚して、逆にモテ始めた人」?

K子は、フェイスブックにアップされていたAさんの若いころの写真を見ながら、「地味だわー」「いけてなーい」と散々いじりまわした末に、ふとこんなことを言った。

「独身時代にはパッとしない地味な男性でも、結婚すると逆にモテ始める人っていない? 過去の写真を見てると、Aさんってそんな感じがしてきた」

だいたい女性は、「オンナにガツガツした感じ」の男性に抵抗感を抱く。そんなオトコはダサいし、相手の都合のいいように振り回されたくないからだ。それが結婚すると「ガツガツ感」は往々にして薄れていく。そういう余裕みたいなものに、若い女性は魅かれがちだ。

「他人のモノ」感に、いたずら心をくすぐられる女性がいる可能性もある。そんな女たちに色目を使われて、Aさんも調子に乗っているのではないか。

「あー、だからあえて『既婚』のステータスをチラつかせて、あんなこと言ったわけね」

K子のイライラは徐々に苦笑へと変わっていった。Aさんからの告白にイエスと答える前に発覚してよかった。後日K子は「既婚者と付き合うほど暇ではないです」と告げたらしい。

確かに「中年男性の魅力」というものがあるのは認めます。若いころモテなかったコンプレックスもあるでしょうし、金銭的な余裕も出てきたのでしょう。でも、真剣に結婚相手を探す若い女子をからかっちゃいけませんよ。(池田園子)