パナソニック、静かでハイパワーな掃除機「プチサイクロン」発売

写真拡大

パナソニックはマンション暮らしに使いやすい、コンパクトタイプのサイクロン式掃除機「プチサイクロン」を8月25日より発売する。

コンパクト設計ながら、強力パワーが99%以上持続するという。

同製品は同社従来品MC-SS310GXと比べて本体重量約45%、底面積約34%の小型・軽量化を実現。

本体の重心とキャスターの位置を近づけたため、引き回しがしやすく段差の乗り越しや家具の隙間のすり抜けも簡単になった。

さらに、ゴミの進入を抑制するためにメッシュフィルターの穴径を小さくし、パワープレスサイクロンの特長でもある強力パワーを99%以上持続する。

ゴミ捨てはワンタッチ、フィルター掃除も回転グリップの採用で手軽に行える。

また、本体のサイレンサー構造により、吸気音・モーター音・排気音を低減し、さらにモーターのファンを9枚にすることで高周波音を抑えた。

夜の掃除機がけに配慮するため、フローリングでの走行音を抑えるソフトキャスターを採用している。

さらにフローリングの 「菌までふき掃除」機能と「ゴミ発見センサー」で、目に見えないサイズのゴミや菌までしっかり掃除できる。

MC-SR20Gシリーズには、今年4月に発売した紙パック式掃除機MC-PAシリーズで好評の「LEDナビライト」を搭載。

床にLEDの光を当て、ゴミを浮き上がらせて見せることで、掃除機のかけ残し箇所が分かり、ゴミの取り残しを防げるという。

部屋の隅や階段などの掃除に適しているとのこと。

家庭用サイクロン式掃除機(MC-SR20G、MC-SR10J)の価格はオープン。