三陽商会、英国王室御用達企業からライセンスを受け「PRINGLE 1815」展開

写真拡大

三陽商会は2013年春夏シーズンより、百貨店やファッションビルなどの商業施設を中心に、新たに「PRINGLE 1815(プリングル1815)」を展開する。

「PRINGLE 1815」は1815年、スコットランドで設立され、200年近くの歴史を持つ英国王室御用達の「PRINGLE OF SCOTLAND(プリングル オブ スコットランド)」社からライセンスを受けてスタートした。

以来、設立当初からの技術革新により、アウターウェアとしてのニットウェア、特徴的なアーガイル柄やクラシックなツインセットを創出してきた。

三陽商会は同ブランドに関して、「プリングル オブ スコットランド」のブランドアイデンティティを反映しながら、コンテンポラリーマーケットにおけるファッション感度の高い男女に向け、衣料品全般およびアクセサリーをトータルに展開していくとのこと。