レスリングの構えを取ったクリス・ウェイドマンに対し、即座に反応を示したマーク・ムニョス。レスリング能力も問われる一戦だが、その他の要素を踏まえた総合力こそ必要となる

写真拡大

10日(火・現地時間)、明日11日(水・同)にカリフォルニア州サンノゼのhpパビリオンで開催されるUFC Fuel04「Munoz vs Weidman」の公開計量が同所で行われた。

日本から出場する田村一聖は、初めてのバンタム級マッチでこれまでになく頬がこけ、まるで修行僧のような表情をしていたが、血色も良く減量が順調だったことをうかがわせた。ハファエル・ナタウ、アレックス・カサレス、フランシスコ・カルモンの3人が下着を脱ぎ、ギリギリとなったが出場全選手が一度目の試みで無事、計量を終えている。

また、メインに出場するマーク・ムニョスとクリス・ウェイドマンは、ウェイドマンが重心を落とし、レスリングの構えを見せると、ムニョスもこれに呼応。笑顔のなかにも、トップレスラー同士の意地が見えた瞬間だった。
計量結果&詳細はコチラ