手数料が安いと思う証券会社、1位は”SBI証券”・2位楽天証券・3位松井証券

写真拡大

マイボイスコムは10日、「証券会社のイメージに関するアンケート調査−第4回」の結果を発表した。

同調査は、6月1日〜5日の期間にインターネット上で行われ、10代以上の男女1万1,640名から有効回答を得た。

同調査で、証券会社の認知度を尋ねたところ、76.2%の「野村證券」と68.7%の「大和証券」が上位2位にランクインし、これら2つの証券会社を知っている人のうち、4割が現在証券会社と取引をしていることが分かった。

次いで、「楽天証券」が45.2%、「SBI証券」が44.5%、「岡三証券」が40.8%との順となった。

主に取引している証券会社を聞くと、トップは「SBI証券」で21.3%。

以下、「野村證券」が17.2%、「楽天証券」が9.9%、「大和証券」が8.8%、「マネックス証券」が7.6%と続いた。

回答者からは、「SBI証券:手数料が安く細かいサービスも充実している。

一方で投資の参考となる情報が少し少ない」(男性23歳)、「野村證券:大手なので安心感はありますが、相場見通しがいつも強気だと思います」(女性50歳)、「楽天証券:気軽に取引できて便利であり、サイトのサービスも定期的に改善されていていい」(男性48歳)といった意見が寄せられている。

現在取引している証券会社は、「SBI証券」が12.0%で最多。

次いで、「野村證券」が11.7%、「楽天証券」が7.6%、「大和証券」が6.6%、「マネックス証券」が6.6%となった。

今後取引したい証券会社はどこかとの問いに対して、最も多かったのは「SBI証券」で7.3%。

以下、「野村證券」が4.9%、「楽天証券」が4.1%、「大和証券」が2.4%、「マネックス証券」が2.0%と続いたほか、「わからない」も69.4%を占めた。

手数料が安いと思う証券会社を尋ねてみると、トップ5には「SBI証券」の8.5%。

「楽天証券」の4.8%、「松井証券」の3.3%、「カブドットコム証券」の3.0%、「GMOクリック証券」の2.4%がランクイン。

一方、「わからない」との回答は72.5%に上った。

信頼性や安心感がある証券会社を質問したところ、1位は「野村證券」で18.4%。

以下、「大和証券」の5.2%、「SBI証券」の4.9%が上位3位に入り、「わからない」は59.8%だった。

先進性があると思う証券会社でも、76.1%が「わからない」と回答。

ランキングは、トップが「SBI証券」で6.4%、2位が「楽天証券」で3.1%、3位が「野村證券」で2.4%となっている。

顧客対応がよいと思う証券会社はどこかとの問いに対しても、82.1%が「わからない」と回答。

一方、ランキング上位には「野村證券」の5.5%、「SBI証券」の2.7%、「大和証券」の2.1%が入った。