経済性とハイパフォーマンスが両立した「ニューBMW ActievHybrid 3」

写真拡大

ビー・エム・ダブリューはこのほど、ハイブリッドモデル「ニューBMW ActievHybrid 3」(ドイツ国内市場向け)の仕様を発表した。

エンジンとモーターのトータルパワーが340PSに達する経済性とハイパフォーマンスを両立したモデルとなる。

同モデルはその名の通り、BMW 3シリーズをベースにハイブリッド化したもの。

エンジンは最高出力306PSを発揮する直列6気筒直噴ターボ。

335iに搭載されているものと同一だ。

モーターは、ラゲッジルームの下に収められた高電圧リチウムイオンバッテリーで駆動され、最高出は55PS。

トランスミッションには8速オートマチックが搭載され、後輪が駆動される。

今回の発表ではそれ以上の説明はないが、すでに発表されている「ActiveHybrid 5」と同じく、従来のトルクコンバーターの位置にモーターを搭載したシンプルな方式とみられる。

その性能は、0〜100km/h加速が5.3秒。

EUテスト・サイクルによる燃料消費量は5.9リッター/100kmとなっている。

75km/h以下でモーターのみの走行も可能で、その場合の航続距離は最大4km。

また、160km/h以下で惰性走行するときにエンジンをドライブトレーンから切り離して停止する技術や、カーナビデータと駆動コンポーネント制御をリンクさせ、前方の道路状況に応じて最適にコントロールして燃費を向上させる技術も搭載している。

なお、同モデルの仕様はドイツ国内市場向けに発表されたものを基準としており、日本仕様についてはスペックの変更や価格はすべて未定となっている。