オリスより機能的なダイバーズウォッチ「アクイスデイト」新作2モデル発売

写真拡大

時計輸入販売業のユーロパッションは7月より、スイスの時計メーカー、オリスのダイバーズウオッチシリーズ「アクイスデイト」の新作の取扱いを開始した。

「アクイスデイト」は、シャープなラインのケースとリューズガード、および艶感のあるセラミックベゼルが特徴のシンプルで機能的なダイバーズウォッチ。

新商品は、ベゼルの素材に耐傷性の高いタングステンとホワイトセラミックを採用した2モデル。

「タングステンベゼル」モデルは、マットな質感と独特のグレーカラーが強い印象を与える。

「ホワイトセラミックベゼル」モデルは、ダイヤルやインデックスもホワイトで統一。

マリンスポーツなどで夏の日差しに映えるさわやかな仕上がりに。

両モデルともラバーベルトとメタルブレスレット(ステンレススチール)の2タイプを用意した。

いずれもケース素材はチタン。

ケース径43mm、ケース厚12.6mm。

自動巻ムーブメントOris733を搭載。

ケースバックはミネラルガラスでシースルー仕様。

価格は15万1,200〜16万8,000円。