(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●劉備、軍師単福(徐庶)を登用する!
劉備が軍師を探してから約1年、手掛かりが掴めない状態です。そうしていると何処からかやってきたのは単福(徐庶)。張飛はやや訝しがりながらも、劉備は単福を軍師として登用します。

そこでしばらく動きの無かった曹操軍は曹仁を大将にして、劉備軍に攻め込みます。
●軍師の力
曹仁軍が3万、対して劉備軍は2千と大幅な戦力差ですが…。軍師単福は油断している曹仁軍の隙を突いた計略で、緒戦は劉備軍の大勝利を導きます。

そして、曹仁軍も2万5千の兵を総動員して立てた陣形を単福はあっさり見破り、さらに曹仁軍の拠点である樊城まで奪い取り劉備軍は大勝利を収めます。

※劉備軍はこれまで本格的な軍師がいなかったのですが、単福のおかげで軍師の重要度を深く認識する事になります。
●単福の母、曹操に招かれる
曹操は今回の手痛い敗退を分析し、何とかして単福(徐庶)を曹操の元へ連れて行こうと画策します。

そこで曹操の配下の程┐話永 塀庶)の母を許昌へ招き、接待をして彼女の筆跡を真似た偽手紙を作成します。

※ちなみに神々・竜々はその偽手紙を美芳へ渡して単福(徐庶)の元へ届けさせます。
●劉備、子が生まれる!
劉備と淑玲の子である阿斗(後の劉禅)が生まれます。喜びに沸く劉備達ですが…。

単福(徐庶)には先程の偽手紙が届きます。そこで劉備は快くが許昌の母の元へ向かう事を許可します。

単福(徐庶)は去り際に「伏竜」である不世出の名軍師、諸葛亮(孔明)の存在を伝えます。それによって劉備は孔明を探す事を次なる目標とします。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト