病理診断に対して4割近くの医師が「診断結果に満足」-メドピア

写真拡大

メドピアは、同社が運営する医師コミュニティーサイト「MedPeer」にて、「病理診断に対する要望」の調査を実施した。

調査期間は5月21日〜5月27日。

有効回答数は2,532件。

「病理診断に対する要望」を質問したところ、「満足しているので要望はない」という回答が全体の38%を占めた。

病理医の人手不足、仕事の幅広さ、量の多さに理解を示す声も多い。

要望の中で最も多かったのは「診断結果を早く出してほしい」で30%、次に「診断精度(正確性)を上げてほしい」で25%と続く。

「診断結果が出るのに2週間以上かかる」、「診断の質の個人差が大きい」、「あいまいな内容の報告書が返ってくる」といった不満も見られた。

その他の要望としては、「病理所見の詳細についてディスカッションできる場があると助かる」、「特殊な染色や発表用の写真の作成などもお願いしたい」、「結果を明確に伝えてほしい」など。

また、「常勤の病理医が欲しい」といったコメントもあった。