赤ちゃんが一時的に保育器に。パンダ母子の状況を発表 -上野動物園

写真拡大

7月5日、上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」が出産した。

赤ちゃんは1頭。

シンシンとリーリーに交尾が確認されたのは3月25日と26日。

ジャイアントパンダの妊娠期間は83〜200日と言われており、今回の出産は、3月25日を含めて数えると103日目だった。

出産の約1時間前でもシンシンは餌を食べ、落ち着いていた。

出産にあたって大きな変化はなく、非常に安産だった。

シンシンは初産だが、落ち着いて子育てをしており、横になったり、「パンダ座り」をしたりしながら、子をふところ深く抱き、子が鳴くとあやすようにしていた。

7月5日の夜には、すでに授乳しているようすが確認されている。

7月6日午後11時半ごろ、子どもが母親シンシンの胸元から離れたり、子どもの鳴き声が弱くなる状況が観察された。

その後、シンシンは竹とタケノコを食べはじめ、子どもが母親から離れたため、夜間監視をしていた飼育職員と獣医師が子をいったん取り上げて、状態を確認した。

体重は133.1グラム、性別はオスだった。

子の体が少し冷たく感じられたので保温し、その後母親に戻したが、シンシンは引き続きタケノコを食べており、子どもを抱くようすが見られなかったので、7月7日午前1時ごろ、あらかじめ準備しておいた保育器に子どもを収容した。

保育器内では保温につとめ、人工乳を哺乳(ほにゅう)瓶で与え、排せつをうながしている。

現在、保育器内で安静を保ち、飼育職員と獣医師が注意深く経過を観察。

午後1時現在、シンシンは横になって休んでいるという。