大人として「敬語」は基本中の基本。でも、その「敬語」本当に大丈夫ですか?

写真拡大

人は、喋る相手によって敬語とタメ語を使い分けます。目上の相手などには敬語を使い、タメ語で話すなんてもっての外……なのですが、実は使い方次第によっては敬語が相手に嫌な印象を与えてしまう場合があるのです。その時に有効なのが、適度なタメ語です。では、一体どの様な使い方が有効なのでしょうか?

■上司から新しい仕事を振られたとき

「A社の担当にならないか」

と言われたとします。この時、

「A社ですか?はい、早速お伺いします」

と言うと、きちんとした敬語なのですが、感謝の気持ちが出ておらず、事務的で冷めた印象を与えてしまいます。大切なのは、上司の気持ちに感謝していると伝える事です。

「え? ほんとですか!? ありがとうございます! よろしくお願いします」

と答えると良いでしょう。

■上司に感謝の気持ちを伝えるとき

歓迎会を開いてもらったお礼を上司に言うとします。この時、

「昨日はありがとうございました。お疲れ様でした」

と言うと、何だか形式的な感じがして、感謝の気持ちが伝わりにくいです。大切なのは、形式よりも、内容です。"〜がうれしかった"と添えると更に効果的です。

「昨日はありがとうございました。課長のひと言がとても嬉しかったです。これからも頑張っていけそうです」

と伝えられると良いでしょう。

■上司を飲みに誘うとき

同僚と一緒に上司を誘うとします。この時、

「お仕事が大変お忙しく、少しでも難しいとと存じますが、お食事をご一緒にいかがですか?」

と言うと、気遣っている様に聞こえますが、"忙しいから無理ですよね"と言っている様にも聞こえてしまいます。"飲みに行きたい"と言う気持ちが伝わる様な言い回しが大切です。

「おなかもすいたので、食事してちょっと一杯、と思っているんですが、よかったら一緒にいかがですか?」

と誘うと良いでしょう。

正しい敬語を使える事は、もちろん必要な事ですが、時と場合によっては少しくだけた言い方の方が相手に好感を与えられる事があります。皆さんも一度、自分の敬語をチェックしてみてはいかがでしょうか。

「嫌われる敬語 好かれるタメ語(内山 辰美)」の詳細を調べる