住信SBIネット銀行、「くりっく365」スマホアプリをAndroid端末で提供開始

写真拡大

住信SBIネット銀行は、7月より、取引所為替証拠金取引「くりっく365」のスマートフォンアプリの提供をAndroid端末で開始したと発表した。

これにより、「Apple iOS端末(iPhoneなど)」と「Android端末」両方での取引が可能となる(「Apple iOS端末(iPhoneなど)」は6月28日から提供を開始している)。

同アプリは、初心者でも直感的に入力できるインターフェイスを実現し、成行、指値、トリガ注文以外にもIFD、OCO、IFO、ストリーミングなど豊富な取引方法が選択可能となる。

また、取扱通貨は、6月2日から取扱いを開始した新規通貨「中国人民元/円」、「韓国ウォン/円」、「インドルピー/円」の3種類が加わり、取引通貨ペアは対円取引15種類、クロスカレンシー取引11種類の計26種類で、この26通貨ペアのリアルタイムレートを配信している。

同アプリは、App Store、Google Play(旧Android Market)から無料でダウンロードできる。

6月には、WEBサイトからの取引所為替証拠金取引「くりっく365」取引システムの全面リニューアルも実施しており、同行では、「今後も顧客にとって更に使いやすい取引環境を実現していく」としている。