メスを使わない革新的なレーザー白内障手術に成功 -大宮七里眼科

写真拡大

さいたま市の大宮七里眼科はレーザー白内障手術機器「LenSx(レンズエックス)」を導入し、2012年6月に日本国内初となるレーザー白内障手術に成功した。

白内障は眼球内の水晶体の硬化・白濁化などにより、視力の低下やかすみが現れる病気。

80歳以上の人ではほとんどの人がかかっていると言われており、従来の根治的治療方法(完治を目指す治療)は水晶体乳化吸引術などの手術だった。

同医院ではその治療法にかわり、レーザー白内障手術機器「LenSx(レンズエックス)」によるレーザー白内障手術を実施。

7月8日までに10例以上のレーザー白内障手術を手がけたという。

レーザー白内障手術機器は、OCTという前眼部解析装置で目の中を正確に解析し、それをもとにレーザーで目の表面や内部を切開するといもの。

レーザー機器で水晶体前嚢(ぜんのう)切開、水晶体核破砕(かくはさい)、角膜切開の3つの課程を行い、その後に従来通りの手法で水晶体を超音波乳化吸引し、眼内レンズを挿入するという。

レーザー白内障手術は眼内レンズを挿入する前の課程をレーザーが正確に行うので、レンズをより正確に挿入することが可能。

結果として従来の手法よりも正確に手術を行うことができる。

また、乱視を治す切開も行えるので、術後の乱視を軽くできるというメリットもある。

大宮七里眼科の院長である山崎健一朗医師はレーザー白内障手術について、「的確な位置に眼内レンズを挿入することができ、従来のマニュアルによる手法に比べて良好な成績が得られる。

メスを使わずに傷口を作成することができるので、術後の傷口の閉鎖も安定している」とコメントしている。