街コン、”いい人”に出会えなくても満足!?

写真拡大

ガーラバズはこのほど、「『街コン』参加前と参加後のギャップ」についての調査分析の結果を発表した。

調査は、ネットモニタリングサービス「e-mining(イーマイニング)」でインターネット上の情報を回収して行われた。

出会いを求める男女が集まる場として新たに話題となり、街ぐるみで行われる大型の合コンイベント「街コン」について調査。

街コンが含まれるインターネット上の書き込みに対し、目視による精査を行い、「街コンに参加した」「街コンに参加したい」ユーザーの書き込みを抽出した。

「恋愛 / 結婚への発展がある」については、街コン参加後は「あった」「なかった」で半々だったが、「友人など多くの人と知り合えるという意味では街コンは非常に有効である」という感想が見られた。

また、参加前は「コミュニケーションに不安を感じている」との声が多数だったが、参加後は予想以上に参加者との交流を図れたことで「前向きになれた」「世界が広がった」という声があった。

企画運営に対しては、参加前の人にとって「2人以上の参加」という条件が大きなネックになっており、「一緒に行く人がいない」ために参加を断念している声が多数出ていた。

しかし参加後は、1人でも参加可能な街コンの情報や、2人以上の参加による安心感が語られていた。

参加前・後ともに、街コン参加者の年齢層が分かる手段、同じ世代同士の交流を望む声が多数あった。

また、街コンが地方活性化に結び付くことを応援する声が出ており、特に地域への還元度の高い街コンが望まれているという。