沖縄日帰りも楽々!? LCCのジェットスター・ジャパン、成田 - 那覇就航

写真拡大

ジェットスター・ジャパンは9日、低運賃の国内路線ネットワーク拡充のため東京(成田) - 大阪(関西)線および東京(成田) - 沖縄(那覇)線のデイリー運航を開始したと発表した。

180人乗りのエアバスA320による大阪(関西)行のGK101便は、9日午前に関西国際空港に向け出発。

また、沖縄(那覇)行のGK137便は午後に出発した。

大阪はジェットスターグループが2007年にLCCとして初めて日本に就航した際の目的地だったという。

以来5年以上長距離国際線を運航し、多くの外国人観光客を大阪に運んできた。

今後はジェットスターグループの提供するゴールドコースト、ケアンズ、シンガポール、台北、マニラ路線がジェットスター国内線に接続されるため、アジア太平洋全域からの観光客がさらに増加すると同社は予想している。

また、同社代表取締役社長の鈴木みゆき氏は「沖縄(那覇)便のフライトスケジュール拡充を予定しており、午前6時台の東京(成田)発便を利用した『日帰りサーフィン旅行』という選択肢が現実のものとなろうとしています」とコメントをしている。

料金は、東京(成田) - 大阪(関西)線が3,990〜1万5,990円、東京(成田) - 沖縄(那覇)線が6,590〜2万4,990円となっている(いずれも片道)。

今後は8月24日に大阪(関西) - 札幌(新千歳)線、大阪(関西) - 福岡(福岡)線が就航する予定。