【女性編】子どものころ、よく遊んだ遊具ランキング


どっちが早いか、競争!





おままごと、ごっこ遊び、かけっこなど、子ども時代にはたくさんの遊びがありましたよね。石ころひとつでも遊びの道具にしたり、公園にある遊具をお城に見立てて遊んでみたり……。そこで今回は、女性マイナビ会員584名に、子どものころ、よく遊んだ遊具をお尋ねしてみました。





Q.子どものころ、よく遊んだ遊具を教えてください(複数回答)

1位 ブランコ 55.5%

2位 ジャングルジム 39.7%

3位 すべり台 30.0%

4位 うんてい 29.1%

5位 鉄棒 26.4%







■ブランコ

・「タイヤ型のブランコで、みんなで一緒に乗ることができたから」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「人気の遊具だったので、いかに給食を早く食べるかが勝負のポイントだった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「立ちこぎでどこまで高く上れるかを友達と競って遊んでいた」(29歳/小売店/事務系専門職)





■ジャングルジム

・「迷路のようで楽しかった」(23歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「公園で、圧倒的な存在感があった」(20歳/その他)

・「お城あそびをした」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)





■すべり台

・「勢いよく飛び出してしりもち」(39歳/建設・土木)

・「よく、鬼ごっこで上に隠れていた」(48歳/小売店/事務系専門職)

・「運動音痴ですべり台ぐらいしかできなかった」(50歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■うんてい

・「頑張りすぎて、よく皮がめくれた」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「スピードを競ったりしていた」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「足をつかずにどこまで行けるか練習した」(30歳/学校・教育関連)





■鉄棒

・「空中逆上がりの練習をたくさんして、できるようになりました」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「ぶらさがって遠くまで跳ぶゲームをしていた」(26歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「体育の授業で必須だったから練習がてらやった」(30歳/金融・証券/事務系専門職)





■番外編:まだまだ遊具はあるよ!

・タイヤ「タイヤの上をよくジャンプした」(25歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・ターザンロープ「いかに美しく飛び降りるか競っていた」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・なわ跳び「跳んでいる感じが好き」(23歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)





総評

2位に大差をつけ、1位に輝いたのは、「ブランコ」です。ブランコに乗りたいからスカートは穿かなかった、なんて人も。誰が一番高くこげるか競争するのも良いですが、ゆっくりとおしゃべりしながら乗るブランコも格別だったことを覚えています。





2位になったのは「ジャングルジム」でした。こうしてみると、子どもは高いところが好きな傾向があるのかもしれませんね。3位は「すべり台」で、続いて4位は「うんてい」。楽に遊べるすべり台に比べて、かなりの体力を必要とするうんていが、僅差という結果になったのがおもしろいですね。





5位には「鉄棒」がランクイン。鉄棒は体育でも必修科目でしたので、遊具といえども難易度は高く、得意、不得意がわかれるようです。





時代は変われど、いまだに公園や校庭には、私たちが子どものころに遊んでいたようなすべり台やブランコがありますよね。移りゆく時代のなかで変わらないものがあるのは、とても安心します。

(文・OFFICE-SANGA 鈴木彩夏)





調査時期:2012年5月21日〜2012年5月25日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性584名

調査方法:インターネットログイン式アンケート