車で出かけるなら渋滞覚悟のモスクワ生活

海外駐在員ライフ Vol.155

From Russia

車で出かけるなら渋滞覚悟!30分の距離に3時間かかる?


■30分の距離に3時間かかることも

こんにちは。シューリックです。今回は、モスクワでの生活についてお話しします。

現在住んでいる家から職場までは、車で30分ほどかかる距離。通勤にはマイカーを使っているのですが、本来30分ほどしかかからないはずなのに、渋滞に巻き込まれてしまうと、1時間かかってしまいます。始業が他社より早いので、朝はさほど渋滞しないのですが、帰宅時は大体そのくらいの時間がかかっていますね。

帰宅時の渋滞ならまだいいのですが、空港に日本からの出張者を送っていくときなどは、搭乗時刻に遅れてはいけないので神経を使います。渋滞に巻き込まれてしまった場合も想定して、出発時刻の5時間前にはオフィスを出るようにしていますね。また、社用車で取引先を訪れるときなども、運悪くクレムリン(旧ロシア帝国の宮殿。現在もロシア連邦の大統領府や大統領官邸がある)で国際会議が開かれていたり、大統領が乗った車が通過するタイミングに当たってしまうと、15〜30分ほどしかかからない距離に3時間近くかかってしまうことも。

地下鉄を使えば、渋滞を考慮しなくても目的地にスムーズに到着できるのでしょうが、地下鉄は地下鉄で、過去に何度かテロも起きていることから、私自身は利用を避けています。利用を禁じている日系企業もある一方で、気にせず利用している日本の方もいますね。


■文化芸術面でも充実しているモスクワ

前回も触れたように、冬は寒くて日が短い上に、どんよりとした天候の日が多く、ついつい気が滅入ることもしばしば。そこで、日本人駐在員同士で集まってソフトボールのチームを作り、大会を開いたり、駐在員の子どもたちがアイスホッケーのチームを作って楽しんだりもしているようです。私個人は、異業種の日本人駐在員仲間とバンドを組み、スタジオを借りて練習するなどしてストレスを発散しています。つい先日は、ライブハウスでライブを開き、日本のポップスや歌謡曲を演奏して、大いに盛り上がりました。

また、モスクワは文化や芸術の面で非常に恵まれた都市でもあります。特にバレエに関しては、ボリショイバレエ団の公演が日常的に楽しめますし、演劇やクラシック音楽、詩の朗読、博物館や美術館など、非常にレベルの高い芸術が身近にあり、気軽に触れられるこの環境は、なかなか得難いものではないかと思います。治安が安定していなかったり、寒かったりと、モスクワ生活にマイナスイメージを持つ人も多いかもしれませんが、その一方で、得るものも非常に多いというのが、私個人のモスクワの印象です。

次回は、ロシアで働く醍醐(だいご)味についてお話しします。