英語はマルで囲みながら読む。デイビッド・セイン氏に聞く英会話の上達法

写真拡大

あなたの英語は、きちんと伝わりますか? 著書『その英語、ネイティブにはこう聞こえます』でおなじみデイビッド・セイン氏は、おかしな英語を話す日本人をたくさんみかけると言います。

25年以上日本に住み、東京の下町で英会話教室を経営するデイビッド・セイン氏に、実用的な“生きた英語”を習得する上で日本人がつまずきやすいポイントと、効果的な勉強方法について伺いました。

――英語を習得するにあたり、日本人が苦手とするのはどんなことなのでしょうか?実際に、英語で話すことはできるけど、リスニングは苦手だという日本人は多いと思いますね。

でも、英語を話す能力だけを伸ばして、聞いて理解できる範囲を広げないと、不自然な英会話しかできなくなってしまいます。

本来であれば、聞いて理解できるのが10だとすると、アウトプットできる、つまり話せるのはせいぜいその2〜3割です。

だから、理解している部分を伸ばさないと、話せる範囲も伸びないのです。

――では、リスニングが苦手な原因はどこにあるのでしょうか?そうですね、まずは、その言葉の意味を理解していないということが一つ。

そして、もう一つは、発音が崩れると聞き取りできなくなることがあげられます。

教材で聞く英語は、ゆっくり丁寧に話された英語が多いのです。

でも、実際の会話では、スピードはずいぶんと速くなります。

また、速く話そうとすると、音が消えたり、混じったり、発音が崩れてきますから、余計に聞き取りが難しくなり、苦手に感じてしまうのです。

――リスニング能力を上げるためにはどうすればいいのでしょうか?読んで学ぶことが一番効果的だと思っています。

今までの生徒さんを見ていると、英語を読んで理解できるのに、話せなかったり、聞き取れなかったりする人を見たことがありません。

だから、英語学習全般において一番重要なのは、「読んで理解できる範囲を広げること」だと思っています。

ここで私のとっておきの勉強法をお教えしましょう。

英字新聞でも、洋書でも、ネットの情報でも、何でもいいのでとにかく読むんです。

ただし、ネットの情報ならプリントアウトして読んでください。

それから、ここがポイントなのですが、速さを意識すること。

辞書で分からない単語をいちいち調べながら、じっくり読むのはとてもつらい作業です。

例えば、どんなにおもしろい映画でも、2時間のものをスローで、8時間かけて見るとつらい映画になりますよね。

実際、辞書で意味を確認しながら、ゆっくり読むと1分間に50ワードくらいしか読めません。

確かに、受験勉強ではこれがベストです。

でも、生きた英語を身につけたいと思うなら、1分間で160ワードくらいを読めるように意識するといいと思います。

ネイティブが英語をすごく早口で話すと、だいたい1分間で200ワードくらい話しています。

通常の会話でも、1分間で160ワード話そうとするとまだ早口な印象ですね。

ゆっくり話す人なら120〜100ワードくらいで話します。

そうやって速く読むことで頭に入ってくる発音もネイティブに近づきます。

例えば、「that」と書いてあったとします。

ゆっくり読むと、「that」と最後の「t」までしっかり読むでしょう。

でも、速く読もうとすると「tha」と読んでしまいます。

速く読むことで、英単語がどのように崩れるか分かるので、リスニングの上達につながっていくのです。

意味が分かっても分からなくても、とにかくそのスピードで読むんです。

そして、ここがまた重要なのですが、そのときに、分からない言葉は例えば赤ペンなどでマルで囲みながらチェックして読むんです。

初めて見た単語を調べて覚えようと思ってもなかなか覚えられません。