タグ・ホイヤー、S字型コマのブレスレットが優美な「リンク レディ」発表

写真拡大

タグ・ホイヤーはこのほど、S字型のコマが連なるブレスレットが特徴的なレディースウォッチ「リンク レディ」を発表した。

「リンク レディ」は、メンズウオッチ「リンク」を女性向けにサイズダウンさせ、エレガントに仕上げた腕時計。

ローズ、ブラック、シルバーなどのダイヤルにダイヤモンドをあしらった29mmケースのラインナップ。

どこにも角がない特徴的なシェイプのブレスレットが快適な着け心地を生み出す。

同モデルの発売を記念し、都内で開かれた発表会には、女優の内田有紀さんが白のドレスで登場。

新商品を身に着け、「なめらかに肌になじむ」とお気に入りの様子で、「ドレスだけでなくカジュアルな装いにも着けたい」と話していた。

なお、都内にて一日限定の展示会も実施され、時計のオートクチュールとも称される「リンク レディ ダイヤモンドスター」をはじめ、「リンク レディ」の各モデルを展示し、来場者の目を楽しませた。

今回展示された「リンク レディ ダイヤモンドスター」は完全受注生産の限定品で、ケースやブレスレットのローズゴールドの輝きと、宙に浮かぶような自動巻きムーブメントが印象的。

星のように散りばめられた192粒のダイヤモンドは合計1.35カラットにもなるという。

価格は10万スイスフラン。

日本での価格は23万1,000〜210万円で、9月発売予定(一部は12月発売予定)となっている。