『織田信奈の野望』春日みかげ:著、みやま:イラスト(ソフトバンククリエイティブ)

写真拡大

 歴史を覚えるのって難しい。特に、戦国時代は登場人物も事件も多いのでなかなか覚えられなくて苦手意識を持っている人も多いだろう。
そんなみなさんにオススメなのが『織田信奈の野望』(春日みかげ:著、みやま:イラスト ソフトバンククリエイティブ)だ。7月8日からはアニメ放送もスタートし、話題と人気を集めている。

元記事はこちら

 高校生の主人公・相良良晴が戦国時代にタイムスリップするのだが、戦国武将はみんなかわいい女の子。もちろん織田信長も織田信奈という女の子で、良晴は彼女の下で天下統一の手助けをすることになる。登場するのは実在する戦国武将たちで、どの武将もキャラが立っていて覚えやすい。

 もし織田信長が「あんたなんか、義龍軍にやられちゃっても、ぜんぜんどうでもよかったんだからっ!」なんて言っちゃうツンデレキャラだったら? 優れた武勇から“鬼柴田”、“鬼五郎左”と呼ばれ恐れられた柴田勝家が巨乳でおバカキャラだったり、丹羽長秀がギャグや戦略などになんでも点数を付けるお姉さん的存在だったら?

 前田利家が虎の被り物を被ったロリっ子で、駿河や三河、尾張の一部にまで領土を広げた今川義元が高慢なお嬢様キャラなんて信じられないが、そのキャラも史実をベースに作られているのだ。

 若い頃の利家は女物の着物や動物の毛をあしらった派手な着物を好んで着ており、信長と並ぶ傾奇者として知られていた。義元も騎乗せず輿で移動していたというから、そこからお嬢様キャラにつながるのも納得。

 ほら、こう見ていくとなんだか楽しくなってきませんか?
そんな織田信奈たちが楽しめるコミカライズ『織田信奈の野望 ひめさまといっしょ』の2巻が7月9日に、『織田信奈の野望』の2巻が7月10日に発売されたばかり。

 この機会に『織田信奈の野望』片手に歴史の教科書を開いてみては?

(ダ・ヴィンチ電子ナビより)