MUJI to GOのソーシャルゲームが好調 スゴロクで世界旅行

写真拡大

 「無印良品」を運営する良品計画から登場したSNS活用のスゴロクゲーム「MUJI to GO WORLD TOUR SOCIAL GAME」が好評だ。「移動」をテーマに無印良品を編集した商品群「MUJI to GO」の世界同時キャンペーンの一環として7月6日にスタートし、7月9日時点で「無印良品」を展開する22の国と地域を大幅に超える71カ国のユーザーがゲームに参加している。 MUJI to GOのスゴロクゲームの画像を拡大

 「MUJI to GO WORLD TOUR SOCIAL GAME」は、スゴロクで世界各国を巡りながら、旅に適したアイテムを紹介してくれるソーシャルゲーム。2011-12年の年末年始にかけて開設された「MUJI 福 CURRY スゴロク」が好評だったことから登場したインターネット上のスゴロクゲーム第2弾となる。スタートから4日目で16,280人がゲームに参加し、出だしから「MUJI 福 CURRY スゴロク」を超える好調ぶりだという。 遊び方は、専用サイト上からFacebook、Twitter、mixi、Sina Weiboの4つのSNSいずれかに接続し、スゴロクと同じ要領でコマを進めていく。途中、アイテムのマスに止まると商品の詳細が表示され、気に入ったものは各SNS上に反映することが可能。また、「MUJI to GO」アイテムを詰め合わせたスペシャルトランクセットやオリジナルステッカーがプレゼントされる当たりマスが用意されるなど、様々なイベントを実施。サイコロを1回振るごとに100"MUJI COIN"が必要だが、スタート時点で1000"MUJI COIN"を支給され、また、商品をきっかけに交流を図るソーシャルコマースサイト「my MUJI」やインターネット上の棚にお気に入り商品を並べるソーシャルゲーム「MUJI LIFE」に参加することで獲得できる。日本語の他に英語、中国語、フランス語、イタリア語に対応。 良品計画は、2011年11月に開設した同社初のソーシャルゲーム「MUJI LIFE」をはじめ、2年間無料で「無印良品の家」に住む人をFacebookやTwitter上から募集するなど、他ブランドが続々とアプリコンテンツがリリースする中で、ウェブサイトとSNSをリンクさせたコンテンツの展開に積極的だ。■MUJI to GO WORLD TOUR SOCIAL GAMEURL:togo.muji.net/