景気回復局面での強さに期待、単位型投信『日本低位割安株ファンド′12-08』

写真拡大

日興アセットマネジメントは9日、単位型投信「日本低位割安株ファンド'12-08<愛称:「龍視眈眈?」>」を8月8日に設定、運用を開始する予定であると発表した。

募集は7月25日から8月7日まで、SMBC日興証券で行う。

「日本低位割安株ファンド'12-08<愛称:「龍視眈眈?」>」は、景気回復局面で強い反発力をみせる傾向にある低位株を投資対象とする。

負債比率などの財務体質の健全性やPBRやPER、配当利回りなどのバリュエーション面での割安度などを考慮して銘柄を選定し、景気回復局面における相場上昇を積極的に捉えることをめざす。

基準価額が11,500 円以上になった場合には、安定運用に移行した後、繰上償還する。

日興アセットマネジメントによると、日本経済は復興に向けた動きの本格化などにより、2012年以降、回復の足取りを固めていくと見込まれている。

また、企業業績についても2012年度は増益の見通しという。

一方、日本株式市場は、世界景気の先行き不透明感などを背景とする投資家のリスク回避姿勢の強まりに押される形で、この6月初めにTOPIX がバブル崩壊後の安値を更新。

こうしたことから、バリュエーションから見た割安感が顕著となっているだけでなく、他国との比較における出遅れ感が強まっている。

今後、外部要因の改善によって、投資家のリスク回避姿勢が和らげば、「国内景気や業績の回復が確認されるとともに、日本株式の割安感や出遅れ感を修正する動きが見られるものと期待される」(日興アセットマネジメント)。

低位株は過去において、株価の割安感が高まり、その後、市場全体が反発するような局面において優位性を発揮する傾向にあり、TOPIXのPBRが低水準にある時ほど、その後1年間のリターンも大きくなる傾向にあった。

現在の投資環境(企業ファンダメンタルズの堅調さや日本株の出遅れ感、歴史的な株価バリュエーション水準など)に鑑みると、市場全体の株価反発局面において、低位株がより大きく反発する可能性が高まっていると考えられることから、「低位株の投資妙味が増しているととらえることができる」(同社)。

また、玉石混交といわれる低位株の投資にあたっては、銘柄の見極めが重要となる。

日興アセットでは、業種担当アナリスト以外に、バリュー株アナリストと小型株アナリストを擁し、幅広い企業をカバーできる企業調査体制を有しているという。

また低位株投資で20年以上の実績を誇る。

同社では、投資環境の変化を迅速にとらえた商品の開発、ならびに運用力を生かした優れたパフォーマンスの提供を通じて、「投資家の資産形成に役立つ商品の提供に、引き続き尽力していく」としている。