応募総数117万2,132件、ニコニコ動画「第4回 動画アワード」グランプリ決定

写真拡大

ドワンゴは7日、ニコニコ動画に投稿された動画の中からユーザー投票により優秀な作品を決定する「第4回 動画アワード」のグランプリ作品および各審査員賞を発表した。

「第4回 動画アワード」のグランプリ選定は、ニコニコ生放送の番組内で行われ、メインコメンテーターに手塚眞(有限会社ネオンテトラ代表取締役/株式会社手塚プロダクション役員/宝塚市立手塚治虫記念館プロデューサー)、司会に松嶋初音、ゲストコメンテーターにマキシマム ザ ホルモン(ダイスケはん&ナヲ)、石田晴香(AKB48)、鉄拳、評論家の宇野常寛、NHK ミニミニ動画大賞よりビデオカウボーイと多彩なゲストを迎え、各作品について論評がなされた。

グランプリ作品を決めるユーザー投票は、番組放送中リアルタイムで実施。

2011 年12月13日〜2012年5月31日の期間中、ニコニコ動画に投稿された全117万2132件の動画の中から、自然の的 P とわんにゃんぷーさんによる「【IA】如月アテンション【オリジナルPV】」が見事グランプリに輝き、同作品の制作者には25万2,525円とトロフィーが贈呈された。

また、審査員特別賞がそれぞれ選出されたほか、全29ある各カテゴリの得票数1位となる人気動画を『MVD(Most Valuable Douga)』として表彰。

(詳細は動画アワード特設ページから)。

次回「第5回 動画アワード」は、2012年秋ごろの開催を予定している。