(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●劉備、司馬徽先生を訪ねる
蔡瑁の暗殺から逃れた劉備、命からがら馬を走らせていると一人の童に出会います。

その童は司馬徽先生の弟子らしく、劉備は司馬徽先生と出会う事になります。すると司馬徽先生はこう言います。

司馬徽「伏竜、鳳雛いずれかあれば天下は手中に!」


このときに劉備はその伏竜、鳳雛が誰の事を指しているのか分からなかったのですが…。
●劉表、蔡瑁を厳しく罰し劉備に嫁を勧める!
命が危なかったとは言え無断で劉表の元を去った劉備、その顛末を手紙に書いて趙雲を使者として劉表へ遣わします。

それを知った劉表、自らの不徳を恥じて蔡瑁を死罪を命じます。但し、趙雲の嘆願で蔡瑁は自宅謹慎と罪を減じられました。

そこで劉表は長男の劉を使者として姪の玉桃を劉備の元へ連れて行きます。それは玉桃を劉備に嫁がせる事を目的としているわけですが…。
●曹操、河北を得るも郭嘉を失う!
曹操は袁紹軍の残党を倒すべく、袁紹の息子である袁譚軍・袁尚軍を攻略します。全てが順調に見えた曹操ですが…。

曹操の一番の軍師・参謀である郭嘉が病により河北で死してしまいます。最終的に曹操は袁紹の領地を占領するも郭嘉を失った損失はそれ以上に大きかったようです。
●玉桃と淑玲
劉備は長年連れ添ってきた淑玲を婚姻の相手としたい、しかし、劉表の面子もあり玉桃との婚姻を断るのも忍びない。そんな事を伊籍と話をしているのですが、それを聞いた淑玲は失踪してしまいます。

淑玲を追いかける劉備、それを見ていた玉桃は自ら身を引きます。それによって劉備と淑玲は夫婦となります。

一つの山場を越えた劉備ですが、もう一つの宿題である伏竜・鳳雛を見付けなければなりません。

※それは次回以降のお話です。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト