マネーのトリビア (24) 「保険」と「共済」ってどこが違うの?

写真拡大

保険は「亡くなったとき」「病気で入院したとき」「火災などで損害をこうむったとき」「交通事故を起こしたとき」などに保険金や給付金が支払われますが、それと同じようなものを共済でも扱っています。

保険と共済ってなにが違うのでしょうか。

このシリーズの第8回で書いたように、保険には生命保険と損害保険がありますが、生命保険会社も損害保険会社も金融庁の認可を受けた会社で、不特定多数の人を対象にして保険を販売しています。

一方共済は、特定の団体に属する組合員が、亡くなったときや災害にあったときになどに助け合うための仕組みで、営利を目的としていない点が保険と大きく違います。

1年間に組合員から集めた掛け金(保険でいう保険料)が、その年に支払った共済金(保険でいう保険金・給付金)や経費の総額を上回って剰余金が出た場合は、それを組合員に割戻金として払い戻します。

また共済は生命保険と損害保険に分かれておらず、1つの共済で両方を扱うことができるのが特徴です。

保険会社は保険業法という法律によって規制されていて、万一破たんした場合に加入者を保護する制度も整えられています。

同じように共済の中でも大手のものは、それぞれ所轄する官庁の監督を受けています。

これに当たるのが、JA共済(農林水産省)、都道府県民共済、全労済、COOP共済(以上は厚生労働省)です。

以前はこれ以外にも数多くの共済がありましたが、組合員保護の仕組みがなく、中には集めた掛け金を私的に流用して組合員に大きな損害を与える共済が出るなどして社会問題となりました。

そこで、2005年に保険業法が改正され、こうした無認可の共済の廃止が決まり、事業を継続する場合は、保険業の免許をとって保険会社になるか、少額短期保険業者として財務局に登録するかのいずれかを選択することになりました(ただし、公務員共済や職場・学校内にある共済、対象が1000人以下の共済などは対象外)。

こうして生まれた少額短期保険会社の扱う保険は、いずれも保険期間が1年または2年、保険金額は最高で1000万円までの掛け捨て型です。

保障が小さいことから、”ミニ保険”と呼ばれることもあります。

ミニ保険には、死亡保険、医療保険、ペット保険などのほか、これまでになかったユニークな保険があります。

たとえば、登山などで遭難したときに捜索費用が払われる保険、コンサートなどに行かれなくなったときにチケット代を補償する保険などです。

医療保険では、糖尿病患者向けの保険、知的・発達障害者のための保険などもあります。

さがせば、自分のニーズに合ったミニ保険が見つかるかもしれません。