ブームに沸く英国「ストリートビューで見るロンドンガイド」Googleが公開

写真拡大

 オリンピックを前に英国ブームに沸く7月、Google(グーグル)がロンドンをバーチャル体験できる「ストリートビューでみるロンドンガイド」を公開した。市内が7エリアに分類され、それぞれの観光スポットからショッピングエリアまで、画像とガイド文で網羅。ロンドンのローカル情報を知る事ができる。 「ストリートビューで見るロンドンガイド」Googleが公開の画像を拡大

 エリザベス女王の即位60周年やオリンピック開催など、ビッグイベントの連続で何かと話題のロンドン。ブリティッシュやトラッドスタイルの流行をはじめ、英国ブランドが記念コレクションを発表したり、スポーツメーカーがこぞって出店したりと、あらゆるジャンルで注目を集めている。 英国ブームの流れを受け、Googleがロンドンをクローズアップ。7月5日に特設サイト「ストリートビューでみるロンドンガイド」を公開した。ロンドンを中心部、南西部、南部、南東部、東部、北部、西部の 7 エリアに分類し、バッキンガム宮殿などの観光スポットから、「ハロッズ」や「リバティ」などのショッピングスポット、「テート・モダン」などの美術館、ホテルやレストランまで、 360度パノラマ画像のストリートビューで完全ガイド。さらに、「おみせフォト」の対応店舗では、店内を360度パノラマで見渡せる。 Googleのヨーロッパとアジアのスタッフが連携して製作したという「ストリートビューでみるロンドンガイド」は、中国語(簡体字、繁体字、正体字)、韓国語、英語、そして日本語の4カ国語に対応。Google+のローカルページと連動されているため、口コミ情報をチェックすれば、旅の計画にも役立つツールになるだろう。■Google ストリートビューでみるロンドンガイド:http://www.google.co.jp/landing/londonview/