(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●劉備、退却をするも
劉備が許昌を攻めている間、留守にしている徐南を曹操軍の夏侯淵に攻め落とされてしまいます。

※この結果、劉備は徐南を失い許昌も攻略出来ないため今回は負け戦となります。

そのため劉備軍は撤退をするために準備をします。そこで趙雲の提案で竈で食事を作っているように見せかける(撤退しているように見せない)策略をとります。

それを見ていた曹操と郭嘉(彼は病気のようです)は徐南が占領されたのに撤退しない事に怪しんでいましたが、竈の煙が強すぎる(兵士が薪を燃やし過ぎた)ため趙雲の策略が発覚してしまいます。

撤退に失敗した劉備と趙雲、曹操軍の追撃に対して壊滅的な被害を受けながらも辛うじて逃げ切ります。
●劉備、劉表を頼る!
拠点を全て失った劉備達ですが、趙雲の提案で遠戚でもある荊州の劉表を頼る事にします。

そこで趙雲が劉表へ使者として参ると、劉表の配下である蔡瑁は劉備の受け入れをする事で曹操との戦争が発生する懸念から難色を示します。しかし、劉表は義を重んじる人間。そのため劉表は劉備達を受け入れる事を決めます。
●袁紹の死
曹操は劉表・劉備と袁紹のいずれかを攻略しようと検討しますが、夏侯淵は劉表・劉備の攻略、郭嘉は袁紹の攻略をそれぞれ進言します。曹操も判断が迷っているようですが…。

ところが病気であった袁紹が死に、その後継者として三男であった袁尚が君主となりました。

それを聞いた曹操、袁紹の死によって混乱している袁尚軍の攻略をすることを決定します。
●劉備、蔡瑁に命を狙われる!
劉備は劉表を訪問すると迎えに来た伊籍が劉備の愛馬「白竜」が凶馬である事を告げます。しかし、劉備はその事を一笑に付してしまいます。

劉備は劉表へ訪問した際、劉表の後継者を長男の劉と次男の劉のどちらかを選択するか相談します。劉備は年齢順からも(袁紹の後継者争いによる内紛も考慮して)長男の劉を勧めるのですが、その事を劉表の正室である蔡夫人(蔡瑁の妹)に聞かれてしまい、蔡瑁から命を狙われてしまいます。

その夜、伊籍が劉備に蔡瑁からの暗殺計画を伝えます。その情報によって劉備は白竜に乗り、谷を飛び越えて何とか逃げ切ります。

白竜は伊籍から凶馬と言われていたのですが、劉備の命を救う事になったのです。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト