自分らしさUP! デキる男はオーダーメイドスーツにこだわる




ビジネスパーソンがオーダーメイドスーツで自分自身を上手に演出するのが当たり前の欧米諸国。日本でも、体にぴったりとフィットしたオーダーメイドスーツを着こなしている人を見かけることが多くなってきました。オーダーメイドスーツの価格が下がっているいまだからこそ、スーツの力を上手に活用したいところです。オーダーメイドスーツの魅力について、オーダーメイドスーツ専門店「雅装堂」を営む畑辺一任(はたべかずと)さんに教えてもらいました。



細かい部分まで自分好みにカスタマイズ



――今回、オーダーメイドスーツの魅力について教えてくれた畑辺さんは、オーダーメイドスーツ専門店を営む、その道、およそ40年のベテランです。ズバリ、オーダーメイドスーツの魅力とは?



「オーダーメイドスーツを作るにあたり、体を10カ所以上、採寸いたします。そのため、既製品のスーツと違い、オーダーメイドスーツは体にピッタリとフィットするのが魅力です。また、襟の高さ、ポケットの角度、袖口の状態など、個々の細かい要望にも応じられるので、自分らしいスーツライフを楽しみたい人に人気になってきています」



車やバイクを自分仕様にするのと同じように、スーツも自分の好みに細かくカスタマイズできるのが魅力のようです。



気になるオーダーメイドスーツのお値段は?



――オーダーメイドスーツがカッコいいのはわかるのですが、値段が気になりますよね。



「オーダーメイドスーツには、布の裁断から縫製まで、すべて手作業でおこなうハンドメイドオーダースーツ、100種類以上のサイズから最適のものを選び出し工場で縫製するパターンオーダースーツの2種類があります。たしかに、ハンドメイドスーツでしたら、それなりのお値段になってしまいますね。けれども、パターンオーダースーツでしたら、若い方でも十分手が出るお値段になっています」



パターンオーダースーツでは、着る人の体形に合わせるべく、選んだ型にさらに微調整を加えていくとのこと。デザインの研究や工場縫製技術の開発が進んだこともあいまって、パターンオーダースーツでも、オーダーメイドスーツの魅力を十分味わえるようになってきたともおっしゃっていました。



ちなみに、雅装堂では、パターンオーダースーツの価格は33,000円〜(2012年5月現在)とのこと。オーダーメイドスーツといえば中年以上の人が主流だった昔に比べ、現在、雅装堂にいらっしゃるお客さまの占める20代〜30代の割合は、3割にまでなってきているそうです。



「パターンオーダーの方が、流行を意識したデザインの研究が進んでいます。パターンオーダーですと、その時代に即した流行とオーダーメイドスーツならではの良さを両方を味わっていただける部分もあるんですよね」



自分にぴったりでありながら、流行にものれるなんて! このようなスーツを着ていれば、ビジネス上での好感度アップも狙えるはず。皆さんも、オーダーメイドスーツで、あなたらしいスーツライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?



(OFFICE-SANGA 臼村さおり)