いつかは私も仲間入りしたい!ママの世界をのぞいてみた




いまは自由気ままな生活をエンジョイしているけれど、いつかは「ママ」になってみたい女子も多いはず。そこで今回は、「ママの世界」を感じてもらうべく、子育て中のママさん4名にインタビューし、子育てに関する喜怒哀楽を語ってもらいました。



【喜】一日100回チュー!



Kさん(37歳)が教えてくれたのは、子どもが誕生することの喜びについて。成長にまつわる話も語ってくれました。



「約8時間の陣痛のあと、明け方4時近くに長男を出産したのですが、うれしくて興奮して、翌日も全然眠れなくて。



もちろん、息子の夜泣きにはこちらも泣かされましたし、四六時中束縛されたような状態にストレスもたまりましたが、初めて『ムァームァー(ママ)』と言ってくれたときは、思わず『え?』と聞き返したほどうれしかった。



一日100回くらいチューをしていたので、息子が溶連菌やノロウィルスなどの感染症にかかると、家族全員で苦しむハメに(笑)。



いまは『超うぜぇ〜』なんて、生意気な口をきく小学5年生。あのころが懐かしい……」



一日100回とはすごい! Kさんの溺愛ぶりがうかがえますね。



【怒】お茶しません?



Tさん(28歳)には、同じママから受けた、イヤ〜な体験について教えてもらいました。いいことばかりではないのは、仕事も同じ!?



「娘を公園で遊ばせていたときのこと。娘と同い年くらいの男の子を連れた女性が声をかけてきたんです。あまりいい感じの人ではなかったのですが、私も退屈していたので、子ども同士で遊ばせつつ、彼女の世間話に付き合うことに。



しばらくすると、『この後、M(ファストフード店)でお茶しません? 遊具もあるから、子どもたちも遊ばせられるし……』と誘われました。気は進まなかったのですが、時間があったので『少しだけなら』と、娘を連れて行くことにしました。



お茶をしていると、突然知らない女性が同席して、2対1というシチュエーションに……。ええ、新興宗教の勧誘が目的だったのです!



仕方なく話を聞いていましたが、だんだん頭にきて、『私、興味ありませんから』と言って席を立ちました。



すると彼女は、血相を変えてこう怒鳴ったのです。



『あなた、このままじゃ絶対不幸になりますよ!』



彼女のことはもちろん、同じ母親だからという安心感でMに行ってしまった自分のうかつさにも本当に腹が立ちました。彼女の言う通り不幸になっていないのが、不幸中の幸いですが」



ママ同士とはいえ、よくわからない相手とお茶に行くのは危険かも。どんな状況でも、気の進まないお誘いには乗らない方が良さそうですね。



【哀】おっぱいが……



子どもの成長と引き換えに、自分の体に悲劇が……。Uさん(29歳)に教えてもらったのは、ちょっと切ないエピソードです。



「おっぱい星人だった息子。私も乳の出が良かったので、息子が少しでもグズれば即、息子の口におっぱいを突っ込んでいました(笑)。



1歳を過ぎたころには、夜中におっぱいが欲しくなると勝手に私のパジャマをたくし上げ、勝手に飲んでいるほど。



そんな状態でしたから、卒乳したのは2歳。



すると……垂れ乳もいいところですよ! 私のおっぱい。乳首から上がすっかりぺったんこ。もっと早く卒乳しておけばよかった」



ちなみにUさん、妊娠前は巨乳だったそうです。自慢できるパーツだからこそ、切なさも倍増!?



【楽】双子の娘



つらい話や悲しい話が続き、ママの世界に恐怖感を抱いてしまった人もいるのでは? そんな心配は御無用。最後に、Eさん(42歳)のほんわかするような話を紹介しましょう。



「まだ妊娠にも気づいていなかったとき、料理中に卵を割ったら、双子卵だったんですよ。その直後です、双子の妊娠がわかったのは。女の子の双子でした。



その娘たちが2歳になったころ、『生まれたときのこと、覚えてる?』と聞いたら、二人して『うん、急にパッと明るくなってね、男の人がいた』って。帝王切開だったので、突然二人は外界に出たわけで。しかも担当医が男性だったので、その話を聞いて本当にびっくりしました。



子どもって、とっても神秘的。



子育てはそりゃ大変でしたけど、娘たちを通じて『人間の理解を超えた世界』を感じるようになりました。ヘンな意味じゃなくてね(笑)。



いま、娘たちは中学2年生。まだ『おかあさ〜ん、あのね〜』とすり寄って来てくれますが、巣立ちのときが近づいてきていることも感じます。



残り少ない子どもたちとの時間を、精いっぱい楽しみたいですね」



「子育て=大変」というイメージが強い人も多いかもしれませんが、「子どものいる暮らし」は、想像以上に面白いもの。



将来のママさん、少しは参考になりましたか?



(OFFICE-SANGA 百田カンナ)