<ライト級/5分3R>
メルヴィン・ギラード(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
ファブリシオ・モランゴ(ブラジル)

踏み込んで右を打ちこむギラード、左の返しはスピードに乗っている。モランゴが組みつきにいくも、ギラードは左アッパーで迎え撃つ。スーパーマンパンチから組みついたモランゴは、大きく足を払っていくが、ギラードは背中をつけることなく立ち上がる。そしてアームロック狙いのような形で、モランゴの攻めを切ると、打撃の距離に戻り左右のパンチを放っていく。

モランゴはダブルレッグを受け止められると、引き込んでヒールフックへ。すぐに足を引抜いたギラードは、モランゴを抱え上げてテイクダウンを奪う。ガードから仕掛けたいモランゴは、鉄槌を受けながらも、シングルで組みついて足を束ねてリバーサルに成功する。スクランブルの攻防のなかで、マウントを奪ったモランゴはエルボーから強烈な左のパウンドを落とす。

力でマウントを切り抜けたギラードは、後ろ回し蹴りでバランスを崩したモランゴに思い切りエルボー、鉄槌を落し初回が終了した。

2R、ギラードは左を伸ばし、右につなげる。1R終盤の攻防で、スタミナを切らしたがモランゴは動きを抑えている。そこに鋭い左を伸ばすギラードは、モランゴが前に出て来ると、ミドルとアッパーで組みつかせないようにする。後ろ回し蹴りがギラードの顔面を捉えそうになったモランゴは、シングルレッグからスクランブルの攻防のなか組み続ける。

いよいよ肩で息をするようになったモランゴのパンチは、体の軸が乱れるように。ここで、5000人いるといわれるブラジル人のブラジル・コールでモランゴが、息を吹き返しテイクダウンを奪う。立ち上がったギラードにスピニングバックフィストを見せるが、ここでもモランゴは姿勢を乱し、鉄槌からパンチ、エルボーを受けてしまう。

最終回、USAコールが響く館内、ブラジル・コールが負けじとわき起こる。しかし、オクタゴンのなかでは二人とも動きが少なくなり、コールはブーイングへ。頭を下げて前にでるモランゴに対し、ギラードが距離を取る。右ローを受けたギラードが、ショートの連打を見せる。モランゴは右をヒットするが、組みにはいけない。残り90秒、ローシングルを見せたモランゴだが、テイクダウンに結び付けることはできない。

と、モランゴが足払いでギラードを転がせるが、すぐにギラードが立ち上がる。残り30秒、ダブルレッグで組みつき、アンクルからヒザ十字を狙ったモランゴだったが、ギラードが耐え切りタイムアップに。要所で光るテクニックを見えたモランゴを、トータルの印象で上回ったギラードがフルマークの判定勝ちを手にした。