フィアット、「500 TwinAir」に日本初のMT仕様を含む特別仕様車を発売

写真拡大

フィアット グループ オートモービルズ ジャパンはこのほど、「500 TwinAir」の特別仕様車「500 TwinAir SPORT」「500 TwinAir SPORT PLUS」を発売した。

現行の「500」デビュー5周年を記念しての発売となる。

「500 TwinAir」は新世代の2気筒8バルブターボエンジンを搭載。

4気筒の「500」よりパワフルで環境性能も高いのが特徴だ。

今回発売される両特別仕様車は、異なるトランスミッションを搭載する以外、ほとんど共通の仕様となっている。

エクステリアにはリアルーフスポイラーやマットブラックのアルミホイールなどを装着。

「500 TwinAir SPORT PLUS」にはピアノブラックルーフも採用する。

インテリアはブラック基調のスポーツシートを採用。

これまでのかわいらしさを強調した「500」とは一線を画す、硬質でスポーティなイメージとなっている。

トランスミッションは、「500 TwinAir SPORT」が現行の「500」および「500C TwinAir」と同じATモード付5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」。

そして「500 TwinAir SPORT PLUS」は、「500 TwinAir」として日本初導入となるマニュアルトランスミッションが搭載される。

変速は5速。

価格は「500 TwinAir SPORT」が230万円で400台限定、「500 TwinAir SPORT PLUS」が235万円で250台限定となる。