ジャガー、「XF」「XJ」の2013年モデル発表、両モデルとも新エンジン搭載

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンはこのほど、「XF」「XJ」の2013年モデルを発表した。

ともに環境性能を向上させた新開発エンジンを搭載するなど大幅な改良が施された。

注目のエンジンについては、従来のエンジンラインナップに2種類の新開発ガソリンエンジンが追加される。

2.0リットルi4ターボエンジンは、240PSの最高出力ながら138kgと軽量なのが大きな特徴。

「XF」「XJ」それぞれに搭載され、0-60mph加速はそれぞれ7.5秒、7.0秒と十分なパフォーマンスを発揮する。

3.0リットルV型6気筒スーパーチャージドエンジンは340PSを発揮。

デュアルインディペンデント可変カムタイミング(DIVCT)やスプレーガイド式直噴システム(SGDI)といった最新技術を採用する。

このエンジンを搭載する「XFスポーツサルーン」「XJリムジン」ともに、0-60mph加速5.7秒となっている。

トランスミッションは従来のエンジン搭載車も含め、「XF」「XJ」全車が8速ATに。

従来の6速ATよりスムーズな加速を可能にし、同時に燃費向上にも貢献する。

アイドリングストップもすべてのディーゼルエンジン、V6、V8ガソリンエンジン車に採用された(市場により異なる)。

停車の0.3秒後にエンジンを停止することにより、燃費を5%向上させるという。

なお、これらはイギリス本国での発表で、日本市場に導入されるモデルや価格は未定。