<ライト級/5分3R>
シェーン・ローラー(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ジョン・アレッシオ(カナダ)

互いに頭を下げて、低い構えから左ジャブを伸ばす。距離を詰めるローラーを左ジャブで止めるアレッシオ。ローラーは遠い距離から、左を振り、直後の大振りの右をヒットさせる。と、ローラーの右ローがアレッシオの急所を直撃する。再開後、ローラーが左を伸ばし、アレッシオがワンツーを見せるが、ガードがなくなるのが気になるところだ。

ローラーも前に出るときに、頭を下げてしまって相手が確認できないまま組みつこうとして、すかされてしまう。逆にアレッシオが組みつく。ボディにパンチを放つも、自ら距離をとったアレッシオは左フック、ローラーが右アッパーを繰り出すが、最後の最後にアレッシオがワンツーでフラッシュダウンを奪って初回を戦い終えた。

2R、左を伸ばしながら前に出るローラー、ローを見せるが、アレッシオの右フックを受ける。左ボディフックから左フックにつなぎ、組みついたアレッシオ。ローラーはギロチンで迎え撃つ。アレッシオは前転して、これを逃れるも、大きく担ぎ上げられてテイクダウンを許す。

左ワキを差して、左のエルボーを落としたローラーがハーフバックへ。アレッシオは手首を掴んで、リアネイキドチョークを許さない。マウント状態になったローラーだが、アレッシオが最後まで粘りを見せ、そのまま2Rが終わった。

最終回、左右を伸ばしならが前に出たアレッシオが、左のアッパーをヒットさせローラーの動きを止める。ローラーは組みついて執拗にダブルレッグを狙いも、アレッシオは尻餅をついて耐える、再びハーフバックでチョークを狙うローラーが、四の字フックから、肩固めへ。残り僅かのところで、立ち上がったアレッシオがパンチをまとめて試合終了に。結果、ローラーがUFC2勝目をあげた。