『旅の贈りもの 0:00発』 - ぶどう色EF58とマイテ49のミステリートレイン

写真拡大

遠くへ行きたい。

行先も決めず、なにもかも忘れて旅に出たい。

映画『旅の贈りもの 0:00発』(2006年公開)では、そんな気分にぴったりの列車が登場する。

偶数月、第3金曜日の深夜0時に大阪駅を発車。

行先は不明。

料金は謎の目的地への往復きっぷで9,800円。

使用車両はEF58 150号機。

客車はレトロ風に改造されたスハフ12と展望車マイテ49。

この列車は行きだけで、帰りは好きな列車に乗ればいい。

きっぷの有効期間は1カ月。

本当にこんなツアーがあればいいのに……。

深夜。

キャリアウーマンの由香(櫻井淳子)は急ぎ足で大阪駅にやってきた。

年下の彼と海外旅行に行くはずだった。

しかし二股をかけられていたとわかり、関空から引き返す。

ハンドバックの中に、「行先不明」のきっぷがあった。

孤独な人々とネットで知り合い、帰らぬ旅に出るはずだった少女、華子(多岐川華子)。

ちょっと遅刻しただけで仲間とはぐれてしまい、さらに孤独がつのる。

援交を持ちかけるオヤジから逃れ、たどり着いた大阪駅12番のりばに奇妙な列車が停まっていた。

サラリーマンの若林(太平シロー)は、妻と娘に冷たくされ、会社からも解雇。

「誰もオレのことを気にかけていないんだ」、そんな思いからミステリー列車で家出する。

その先に何が起こるかも知らず……。

網干(細川俊之)は亡き妻の写真を持って旅に出た。

生前にかなえてやれなかった夫婦の旅行を楽しむつもりだ。

そんな網干のそばで一人旅を楽しむミチル(黒坂真美)。

誰彼ともなく話しかけるが、それぞれの孤独な心に立ち入れない。

彼女もじつは挫折を経験していた。

車内は他にも旅人がいる。

しかしほとんどがグループ客でにぎやかだ。

それゆえに5人の孤独が際立つ。

5人は列車内ではすれ違い続けているけれど、目的地「風町」の人々と出会い、優しいもてなしに癒され、互いに打ち解けていく。

風町の人々を演じるのは、郵便局長役に大滝秀治さん、旅人たちをもてなす民家に梅津栄さんなど、渋い役どころだ。

町医者役はシンガーソングライターの徳永英明さんで、挿入歌の『時代』も歌っている。

彼は歌手という本業を大切にするため「本作品が最初で最後の映画出演」と語ったという。

だからファンには貴重な役者姿だ。

メインテーマは谷村新司作詞作曲の名曲『いい日旅立ち』で、中森明菜さんの声が旅情をそそる。

実際にはこんな旅なんか経験できない……、と思いつつ、いや、もしかしたら似た体験はできるかもしれない、とも思う。

脚本の篠原高志氏は旅行会社勤務からの転身で、仕事での経験が生かされているだろう。

ラストまで見終えた後、「旅に出たいなあ……」と思う作品だ。

この映画を見せれば、友達を旅に誘うきっかけになるかもしれない。

ミステリー列車を牽引するのはEF58。

1946年から1958年までに172両も製造された直流電気機関車だ。

戦後生まれで、日本の復興とともに増備された。

当初は真四角な箱型だったけれど、1952年に大幅なモデルチェンジを受け、流線型の車体になった。

登場の背景には、高崎線の電化や東海道本線の全線電化がある。

高性能な電気機関車が大量に必要となって、高速型のEF58の増備が続いた。

その優美な姿から、特急列車の牽引機として活躍。

ブルートレインやお召し列車にも起用された。

客車のうち前方1両は12系客車。

団体列車用に約600両も作られ、青地に白い帯のブルートレイン塗装だった。

映画に登場するスハフ12 702は「SLやまぐち号」に使われる車両で、レトロ風のぶどう色塗装だ。