小松未可子、ミニアルバム発売記念で七夕フリーイベント! 初ライブも発表

写真拡大

TVアニメ『モーレツ宇宙海賊』のヒロイン・加藤茉莉香役などでおなじみの声優・小松未可子が、2012年7月11日にキングレコードからミニアルバム「cosmic EXPO」を発売するのを記念し、7月7日に東京・池袋の東武百貨店池袋店屋上「スカイデッキ広場」にて「七夕祭り〜星に願いを乗せて〜」と銘打ったフリーイベントを行った。

会場には約800人のファンが集結。

全員にプレゼントされた特製うちわを振りながら熱い声援が送られる中、「今日は蒸し暑いですが、皆さんの熱気でもっと暑いです。

みんながうちわを扇いでいますが、全然、風が来ないです」と笑顔を見せながら、2万枚を突破したデビュー・シングル「Black Holy」をはじめ、「cosmic EXPO」から彼女が作詞に初挑戦した「M from…」、TVアニメ『モーレツ宇宙海賊』最終話のゲストエンディング曲「未来航路」を熱唱。

そして、ラスト曲として「ユメノアリカ」と「透明な夜空 (アルバムバージョン)」の2曲のうちのどちらを歌ってほしいかというリクエストを募ったところ、「両方〜! 両方〜!」というリクエストが殺到したため、急きょ両曲を歌うことに。

結局、今回のイベントでは、その2曲を含む全5曲が披露された。

七夕にちなんで涼しげな浴衣姿で歌った小松が「今日着てきた浴衣は、実は母親の浴衣なんですよ」と言うと、「可愛い〜」「よく似合っているよ」と言った声が飛び交い、その好反応に感激しながら、「私が覚えている限りでは、毎年、七夕の日は晴れた記憶がないんですよ。

なので、織姫、彦星に会えるかわからないけど、いまから私が頑張れば会えるんじゃないかしら……。

そんな記念すべき七夕の日に皆さんにここにお越しいただいて、どうもありがとうございました」とあいさつ。

そして、8月19日に東京・渋谷のマウントレーニアホール・シブヤプレジャープレジャーで初のワンマンライブ「全曲 EXPO」を開くことを発表し、「ぜひぜひ皆さん、お待ちしております」とアピールした。

その後、サイン会を行うなど最後まで楽しい七夕の日を過ごし、「皆さん、朝早くからどうもありがとうございました。

そして、雨かもわからない天候の中、これだけたくさんの方に来ていただいて本当にありがとうございました。

楽しいと同時に緊張もしましたが、皆さんにミニアルバムの中の曲をお届けし、ライブをやることもお知らせすることができました。

これからも『モーレツ宇宙海賊』の世界観に浸っていただきたいなと思います」と話していた。