一触即発をというか、本当に一触れがあった公開計量。アンデウソンは挑発行為なのか、本当に切れているのか―― (C) MMAPLANET

写真拡大

6日(金・現地時間)、7日(土・同)に開催されるUFC148「Silva vs Sonnen II」の公開計量が、UFC Fan EXPOの開かれているマンダレイベイホテルのイベンツセンターで行われた。

試合会場でないため、イベンツセンターのアリーナの大部分を使用し、実に8000人ものファンが詰めかけた公式計量。メインに近づくほど、場内は異様な盛り上がりを見せた。そして、チェール・ソネンの入場に大ブーイングが起こる。続いて登場したアンデウソン・シウバとともに、問題なく計量が終わった。そして、両者が向かい合うと視線を外し、頭をぶつけないように避けたと思われたアンデウソンが、右肩をそのままソネンにアゴ先にぶつける。

ダナ・ホワイトらが懸命に両者を分けるが、アンデウソンはそれでも何やから言葉を発し続ける。一方のソネンは口を真一文字の閉じ、無表情ながら凄みが伝わってくる佇まいを見せていた。地鳴りでも起こったかのような盛り上がりを見せる館内、まずソネンへのインタビューが始まるが、「チャンピオン×アイコン」と言ったところで、ファンの声援が余りにも多く、ソネンの声が届かなくなる。

一方のアンデウソンだが、肩をぶつけた行為で一気にアンチファンが増えたのか、USAコールとブーイングの洗礼を受けた。インタビューは彼の甲高い声すら、大声援でかき消されてしまったが、最後に「明日、戦うだけだ」という言葉がかろうじて記者席に届いた。

なお、コスタ・フィリッポウと戦う福田力も、一発で計量をパス。スケールの上で素早くガッツポーズを繰り返した。フィリッポウは体重計の上でガッツポーツも作らず、こちらは素っ気ない態度を通していた。
計量結果&対戦カードはコチラ