うつ・不眠にまつわるエトセトラ〜久々に麻雀卓を囲んだ全員、うつか不眠症だったでござる




現代社会において、うつ病や不眠症は珍しいものではなくなりました。もちろん環境によって異なりますが、潜在的なうつの患者数は「全国民の2割」とも言われているほど。フロアを見渡せば、間違いなくひとりはうつの人がいると言えるかもしれません。今回は心理カウンセラーである僕が、ある男性たちのケースをもとに現代のメンタルヘルス事情についてお話ししましょう。



■久しぶりの麻雀にて



度重なるパワハラに耐えかねて、ついにうつ病と診断されてしまったAさん。会社を休職し、自宅静養の日々を送っていました。月に一度の心療内科への通院以外に、特にやることもなかったAさんに、久しぶりに友人のBさんから連絡がありました。



「麻雀のメンツが足りないから来てくれない?」



これまで土日もなく働いていたAさん。たまには麻雀もいいか……と思い、参加することにしたそうです。



その晩、集まったメンツは以下の通り。全員、30代前半の男性です。研究室は違うけれど、大学時代の同期同士で、お互いに顔も名前も知っています。学生時代には何度も、卒業も何度か、卓を囲んだことがあったそうです。



Aさん:事務系管理職(休職中) 既婚・子供なし うつ病



Bさん:開発系システムエンジニア 独身 不眠症



Cさん:技術職 既婚・子供あり うつ病



Dさん:運用系システムエンジニア 独身



AさんからCさんまでの3人は、全員がうつ病ないし不眠症で休職の経験があります。だから、お互いの状態はなんとなく知っていました。



「低気圧が来ると、具合が悪くなるよね」は、彼らの合言葉だそうです。



■「お前もなんだ……」



「いや、実はおれも、不眠症って言われちゃってさあ。薬をもらってきたよ」



半荘が終わったところで、Dさん、まさかの不眠症告白。しかし、3人とも特に驚きはしませんでした。Dさんの目は真っ赤に充血していて、目の下には濃いクマができていたからです。



Dさんは鞄から大量の薬袋を出して、牌が散らばる麻雀卓の上に置きました。するとそれぞれ、Dさんの薬を手に取り出したのです。



A「あ、デパスか。安定剤だな。これはおれと一緒だ」



B「ハルシオンは飲んでいたことがあるけど、不眠症の初心者が飲むにはきつくないか?」



C「ドグマチールは半分胃薬だね。前におれが飲んでいたデプロメールと同じなんだっけな?」



Dさんの薬は、3人のうち、誰かひとりは実際に服用したことのある薬でした。その総量から、結構重症だな……とAさんは思ったそうです。



D「だって、もう3日間、一睡もしてないからね」



B「そういえばおれも、最後に寝たのはいつだったっけなあ?」



A「おれも、寝るときって、うまく薬が効くか、気絶するかって感じが多いな」



C「おれは割とちゃんと眠れるようになったよ。前はよく夜中に目が覚めてたけれど」



D「みんなそんなもんか。じゃあおれもまあたいしたことはないな」



一同「いやいやいやいや! ここを基準で考えたらダメだから!」



■うつになりやすい環境とは?



Aさんたち4人も、もとからうつや不眠症だったわけではありません。大学時代はサークルにも所属していたし、社会に出てから10年以上が経過しています。



ただ、彼らの場合は環境的にうつや不眠症になりやすい職場にいると言えるでしょう。Aさんは事務系ですが管理職、そのほかの3人は、種類は違えども技術職です。



管理職はどの業種であれ、他人を評価したり監督したりすることが仕事。それがそのまま自分の成績にもつながるので、ストレスを抱え込みやすい。Aさんのように若くして管理職に就いてしまうと、うつにかかる可能性も高くなってくるでしょう。



技術職は基本的に、その業務にかかりきりになって、こもってしまうことが多い。エンジニアは納期が迫ると早出残業当たり前の世界になるので、睡眠リズムが崩壊し、そのまま睡眠障害やうつを患ってしまうことも。



また、「残業や休日出勤が多く、プライベートがない」「他部署から異動してきた上司がまったく仕事ができないだけのワンマンで、いろいろとやりづらくなった」というような環境だと、うつや不眠症を発症する確率は高まるでしょうね。いわゆる「ブラック会社」に自分が属していると感じたら、ちょっと注意が必要かも知れません。



ちなみに、Aさんはその後、主治医のもとでカウンセリングと投薬治療を行い、半年ほどで職場復帰することができました。しかし、完治はしておらず、依然として定期通院と投薬治療を続けています。



うつは再発率の高い病気と言われていますが、きちんと治療すれば再発する確率も減る。職場や家庭などが彼らに決して無理をさせることなく、回復をあたたかく見守ってほしいものです。



(OFFICE-SANGA yanagi)