モテたいのなら「デザイナーズマンション」を探せ!




「デザイナーズマンション」とは、その名の通り、建築家のコンセプトが強調された集合住宅のこと。明確な定義は存在しませんが、従来の集合住宅のようにシステマチックなものではなく、外観から間取り、建具まで個性的なマンションのことをいいます。実は今回、そんなデザイナーズマンションに見られる個性的な特徴が、異性にモテる要素まで兼ね備えていることがわかりました。デザイナーズマンションに住むことが恋愛にどういったメリットを与えるか、恋愛コラムニストの内埜さくらさんに尋ねてみたいと思います。



■デザイナーズマンションの3つのメリット



――デザイナーズマンションに住むことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。



「まず、恋愛において3つのメリットがあります。1点目は、異性を自宅に呼びやすくなること。"珍しい部屋だから見てみない?"と軽いノリで誘えます。これは、デザイナーズ物件だからこそ言える誘い文句です。



実際にデザイナーズ物件に住み始めたKさん。気になる女性を含めた数人をホームパーティーに誘ってみたところ、Kさん宅に備え付けられている"ピクチャーレール"に興味を持った女性と仲良くなりました。話はとんとん拍子にまとまり、美術館デートの約束を取り付けることに成功したそうです」(内埜さん)



ピクチャーレールとは、額縁などをつるすために、天井や壁に取り付けられたカーテンレールのような装置のこと。アート好きの女性には、ツボだったのでしょう。デザイナーズマンションには、一般的なマンションにはない、こだわりの建具が取り付けられているので、いろいろなタイプの女性の興味をひけそうですね。



さらに、おしゃれなデザイナーズマンションなら、ホームパーティーのムードも一層高めてくれるはず。いきなりデートに誘うのはハードルが高くても、これなら気軽に接点を作れそうですね。



■部屋は住人の姿を映し出す



「2つ目は『清潔感のある人』と好印象を与えられること。デザイナーズ物件の住人=快適な住環境を求める人として考えられ、狭い場所が苦手で窮屈に感じてしまうタイプの女性には安心できる情報です」



たしかに、天井いっぱいまである大きなサッシや、間接照明などの演出が、快適でスタイリッシュなライフスタイルを想像させますね。



また、広々としたおしゃれな部屋で暮らすようになれば、日ごろの振る舞いやファッションも自然とそれにマッチさせるように変わっていきそうです。



■デザイナーズマンションの住人はリッチ?



「3つ目は、パートナーとして考えてもらえること。デザイナーズ物件に住めるということは、ある程度、金銭的にも余裕があるとみられます。不景気ないまだからこそ、金銭面で心配しなくて済む、と期待させるというカラクリです。デザイナーズマンションは、通常のマンションよりも賃料が高くなりますからね。



また、デザイナーズマンションの場合、ペット可の物件が多いのもポイントです。デザイナーズマンションに住むHさんは、猫好きの女性に片思いをしていました。その彼女を含む数人で、Hさん宅で飲み会をひらいたところ、デザイナーズマンション特有の天井の高さを気に入った片思いの彼女が『背の高いキャットタワーが置ける!』とはしゃいで、一気に親密交際に発展したのだとか。いまではその彼女と猫ちゃんと、将来を見据えて一緒に暮らしているそうですよ」



デザイナーズマンションのイメージから、住人自身に対しても良いイメージを抱いてもらえるというわけですね。



環境は人を変えると言われるように、住まいはその住人に対し、多大な影響力があります。恋愛にも有利に働きそうなデザナーズマンションに住めば、いつのまにか一皮むけた人間に成長しているかもしれませんね。



■お話を聞いた人

内埜さくら。恋愛コラムニスト&フリーライター。これまでの取材人数、1,200人以上という経験を生かし、著書『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)を上梓。@ニフティ『恋愛の達人』アドバイザー。



http://ameblo.jp/sakura-ment



(OFFICE-SANGA 竹内レイ)