良書を「自分のもの」にする3つの方法




多くの人の心に響いた本は、「良書」といえますよね。ピーター・ドラッカーの著書などは、いまやビジネスのバイブルといえるほど。しかし、読後はわかったつもりでも、三日後には忘却のかなた……という方も少なくないはず。せっかく読んだ良書を「自分のもの」にするためには、どうすればいいのでしょうか。経営コンサルタントであり、ビジネスリーダーとして多くのワークショップを開催している木内一朗さんに、「正しい読書術」を教わりました。



■「記憶」するのではなく、自分の言葉に「昇華」させる



──どんなに感銘を受けた本でも、時間がたつと、内容をほとんど忘れてしまいます。



「本に限った話ではありません。初対面の人と話しはじめてすぐに名前を忘れ、名刺をチラ見……なんて、よくあるでしょ(笑)。人間なんて、すぐ忘れる生き物なんです」(木内さん)



──では、本の内容をしっかり記憶するにはどうすればいいのでしょうか。



「まず、『記憶する』より、自分の言葉に『昇華させる』ことが大事だと僕は考えます。この場合の昇華とは、『つまりこういうことだ』と自分の言葉に置き換えられる状態になること。それができないということは、自分の身になっていないということです」



■良書を「自分のもの」にする3つの法則



「先ほど、人間はすぐ忘れる生き物だと言いました。では、忘れないようにするためにはどうしたらいいと思いますか?」



──メモをとる、ですか?



「その通り。僕がお勧めする読書法は、とても簡単です。



(1)心を動かされた言葉や文章の要約を書いておく



(2)(1)を思い出す場面に出会ったら読み返し、感じたことを書き留めておく



(3)機会があるごとに読み返し、できればそれを別のノートに整理する



この3点です」



──そんな時間や労力はなかなか……。



「皆さん、そうおっしゃいます。でも、書くことが大事なんです。書くということは、記録として残すだけでなく、脳を刺激して思考を活性化させるために必要な行為なんです」



──でも私、メモをとることが苦手です。それでもできますか?



「きちょうめんな人は『きれいに書かなきゃ』と思われるでしょうが、誰かに見せるものではないので、適当でOKです。むしろ、キチンと書こうと思うと面倒になって続きませんから、デッサンのようにササッと書くよう心がけてください」



──それなら、できそうですね。ほかにポイントはありますか?



「ただ書き連ねるだけでなく、関連性のある言葉を矢印でつなぐなど、図式化すると後で振り返りやすいですね。また、後で気づいたことなどを書き込めるよう、ある程度の余白を残しておくことも大切です。そして、それらを自分の言葉でまとめておく。『つまりこういうことだ』を明記しておくのです」



■小さな積み重ねこそが大事



──とてもためになる方法だとは思いますが、相当な根気を要しませんか?



「僕は本を読むたびに、この作業をやっているわけではありません。特に『別のノートに整理する』のは、年に数冊程度。ミッション化するとおっくうになりますし、『何度読んでも素晴らしいと思える良書』には、そうめったに出会えませんからね。書くことは『手段』であって『目的』ではない。だから、この作業を『やろう!』と思える本でなければ、やる必要はないのです」



──それなら、できそう。やってみようという気になってきました!



「小さな積み重ねが大きな実を結びます。習慣化できたらしめたもの。まずは、一番印象に残っている本について、トライしてみてください」



本の内容を自分の知識にするためには、「目を通す」だけでなく「読んで」「書いて」「繰り返す」ことが重要なのですね。「面倒くさい」のは、はじめるまで。やってみると、知識がどんどん身について、楽しくなりそうです。



■お話を聞いた人

木内一朗。東北大学工学部(原子核工学科)卒。株式会社リクルートを経て、2004年有限会社木内式設立。アカデミアシステムズ株式会社およびインテグレーション・マネジメント株式会社の取締役兼務。経営コンサルタントとして多くのワークショップを開催。



(OFFICE-SANGA 百田カンナ)