”オバマのキス写真”で注目されたベネトン「UNHATE」、カンヌで栄誉に輝く

写真拡大

ユナイテッド・カラーズオブベネトンの「UNHATE」コミュニケーションキャンペーンがこのほど、カンヌ国際クリエイティビティブ祭において最も優れた国際プレスキャンペーンの栄誉に送られるプレスグランプリを受賞した。

このプロジェクトの成功は、サイトにアップロードされた写真を無作為に選択し、情熱的なキス画像を作成する「UNHATE KISS WALL」と、つねに訪問者によって更新されている物事や人のTwitterベースのリスト「UNHATE LIST」の2つの革新的なオンラインアプリケーションによるものといえる。

昨年11月に発表されたこのキャンペーンは、世界中に合計500万人のユーザーへリーチし、国際社会に大きな影響を与えた。

従来メディアによって3,000以上の記事が掲載され、60カ国で600のテレビレポートが放映されてその関心が示され、Facebookページのファン数60%増加を成し遂げた。

受賞に際し、アレッサンドロ・ベネトン氏は、「この初めての賞は、我々を誇りと達成感で満たします。

私たちはコミュニケーションと相互理解を通じて、憎しみ合う文化を乗り越える必要性についてメッセージを送りたかったのです」と語った。