ぜいたくな悩みかもしれません。

でも、そんなに好きなタイプではない女の子、一緒にいてもノーマークだった女の子から、「付き合って」的なことを言われたとき、「こんなチャンスもうないかも、ええい、付き合ってしまおう! 」と思ったり、付き合ってしまった経験がある人、きっといらっしゃることでしょう。

そんなふうに恋愛を始めたとき、常につきまとうのが、「ああ、やっぱり合わないかな。

別れたほうがいいのだろうか」という気持ちです。

ぜいたくな悩みだとは思います。

ですが、恋愛初心者であればあるほど、「恋愛って、こういうものではない気がする」「オレの理想の恋愛はこうだったのに」「何がどうっていうんじゃないけど、何かが違う気がする」と理想と現実のギャップに悩まされるもののようです。

今日は、こんな悩みを持ってしまう理由、どのようにこの悩みと付き合っていけばいいかを考えてみることにします。

まず、このような悩みのスタート時点に戻って、そこに立ってみると、そもそも「始まり方」が自分の恋愛の理想ではなかったという部分がきっとあるはずです。

理想の恋愛では、好きになった女の子に自分から告白をして付き合いが始まっていた。

大好きな女の子と、劇的な出会いやドキドキ事件を経て、お互いの気持ちを確認できて付き合うことになった。

といった「始まり」を求めていたのに、実際は特に気にとめていなかった気の強いタイプの女の子から、「付き合っちゃおうよ〜! 」と押されて「うん」と言い、ズルズルと付き合い始めてしまった。

周囲の女友だちから「△△ちゃん、あんたのこと好きなんだよ」と、飲み会の席か何かの席ではやしたてられて、気が付いたらノリで地味で目立たないタイプの女の子と付き合うことになってしまっていた。

こういった恋愛の「始まり方」をなかなか忘れられなくて、「こんなはずじゃなかった」「どうしてこんなことになってしまったのだろうか」「あーあ、だからイヤだったんだよ」と、何か小さな困ったことがあるたびに考えてしまう。

向こう発信で始まった恋愛は、オレが自分で選んで好きになった相手じゃないから、こういったいざこざやケンカが起きてしまうんだと思ってしまう傾向があるようです。

そこで、ちょっと振り返ってみてほしいのが、ケンカの理由はなんだったのか。

どうしていざこざが起きてしまうのか、ということ。

考えてみると、ケンカやいざこざの理由はいつも、彼女から連絡が入っていたのに、「後で連絡すればいいや」と思い、すぐに電話をかけ直したり、メールに返信したりしていなかったから。

デートの約束をしていたのに、仕事や男友だちとの約束を理由にドタキャンを繰り返していた。

といったことが原因で、そのため、会えばケンカになってしまう場合が多いのではないかと予想されます。

どうしてこういったことが起きてしまうのかというと、やはり、「彼女のほうが自分を好きだからこの恋愛が始まった」という気持ちが心の奥底にあって、つい彼女に冷たくしたり、何でもガマンしてくれるだろうと思い込んでしまったりする。

そんな「甘え」が男性の中にあるのかもしれません。

恋愛関係は、公平で平等であってほしいと誰もが理想を抱いているでしょうけれど、なかなかそういうわけにもいかず、ほれた弱みのせいで、どちらか一方が弱い立場に立たされてしまうケースは多々あるものです。

彼女が自分のことを「好きなんだから」という強気な思いは、彼女にとっては惚れた弱みになってしまい、どうしても彼女が一方的にガマンや忍耐を強いられてしまう。

それは仕方のないことかもしれませんが、こういった状態をずっと続けていると、彼女もどんどん疲弊していって、この恋愛がいやになってしまうことにもなりかねません。