賃貸業界の”奥深さ”を四コマ漫画で発信-松堀不動産

写真拡大

松堀不動産は、これまで賃貸管理会社で本格的に作成されたことのない四コマ漫画を、ネット上で配信している。

賃貸管理業界は、不動産投資に興味がある人や賃貸物件を借りる人としか接点がなく、「お客さんを物件に案内する仕事」というイメージしかないのが一般的。

そこで同社では、四コマ漫画を通して不動産賃貸業界の奥深さを感じてほしいと考えた。

同社の管理アパートのオーナー向けの新聞に四コマ漫画を掲載したところ、各オーナーから「硬いイメージの新聞が読みやすく感じる」「面白いから来月からも掲載してほしい」という声があがったのがきっかけとなり、同社の賃貸業のサイト「あるゾウナビ」の中にページを開設。

コンテンツの一つとして、順次掲載をすることになったという。

主人公は同社のマスコットキャラクター「あるゾウ君」だ。

第一話は、あるゾウ君がアパートマンション情報館の店長に就任したときの話。

二話以降は、これまで同社が実際に遭遇した実話をデフォルメして伝えたり、時事問題をあるゾウ君が面白く解釈するという内容を配信している。

掲載時期は不定期だが、7月4日現在、すでに10話をアップ。

漫画がアップされた翌日は、アクセス数が増えるという。

漫画は、同社サイト内の、「あるゾウ君四コマ漫画」ページで読むことができる。