人生の扉を閉ざすものは?-サラリーマンの自己実現実態調査

写真拡大

自己啓発・教育サービスを展開するマイライフ出版は、サラリーマンの自己実現に関する実態調査を実施。

その障害となる要因との関係性を解明した。

有効回答数は75人。

同社によれば、自己実現には、「(1)全く自信がない」、「(2)行動への不安(メンタルブロック)」、「(3)お金への不安」、「(4)対人力への不安」、「(5)本当にやりたいことがわからない(自分軸)」、「(6)夢の実現法がわからない」という6つの「自己障害」(シックスバリア)があるという。

サラリーマンの自己実現障害要因を調査したところ、「(3)お金への不安」「(5)本当にやりたいことがわからない(自分軸)」が最も多いという結果となった。

「(3)お金への不安」は、「(2)行動への不安(メンタルブロック)」および「(4)対人力への不安」と関係性が強く、「(5)本当にやりたいことがわからない(自分軸)」は、「(1)全く自信がない」「(6)夢の実現法がわからない」と関係性が強いという。

同社では調査結果をもとに、「自己障害」を判定できるWEB版自己実現 障害発見アセスメントを作成し、無料で公開している。