7割のママが実践してる! ミスドやケンタッキーを家で作るおうち外食が人気

写真拡大

ベネッセコーポレーションは同社が発行する月刊誌「サンキュ!」のブロガー会員を対象に、「おうち外食」に関するアンケートを実施した。

調査の結果、7割の主婦が自宅で店の味を再現する「おうち外食」を実践していることが分かった。

アンケートは6月12〜18日にかけて、サンキュ!ブロガー会員の20〜40代の主婦196名を対象にインターネットで実施した。

現在、家でファストフード店やカフェ、ファミリーレストランなどの人気メニューをそっくり再現して楽しむ「おうち外食」が人気となっているが、「実際に家で外食先や市販品をまねて○○風レシピを作ったことがありますか」と質問したところ、74%が実践していると回答。

実際に作ったものについて聞くと「ファストフードのもの」が1位。

次いで「スイーツ専門店のもの」「ファミリーレストランのもの」となった。

続けて作ってみた感想について尋ねたところ、「家族が喜び、ウケてくれたのが良かった」と答えた割合が一番多かった。

外食費の節約になることよりも家族が喜んでくれたことの方に価値を感じているようで「簡単でとってもおいしくできた。

子供も喜んで食べてくれた」など読者からの感想も届くという。

また「楽しんで調理ができた」という意見も多く、主婦は毎日の食事作りをする中で料理に楽しみや喜びを求める傾向があることがうかがえる。

同誌8月号の「おうち外食」特集では、「マクドナルド」「サイゼリヤ」をはじめ、ファストフードや居酒屋など8つの有名店とのコラボを実現。

人気メニューを再現している。

また、同社の投稿サイト「LifeSmileごはん」では「サンキュ!公式おうちであの店レシピ部」を発足。

同誌のサイト「口コミサンキュ」でも人気ブロガーによるおうち外食レシピを公開している。