夏の海外旅行の予約は好調。8月出発過去最高ペース - エイチ・アイ・エス

写真拡大

エイチ・アイ・エスは2012年の夏休み(7月14日〜9月30日)の予約状況から、海外旅行動向についての集計を発表した。

8月は昨年に引き続き、過去最高の出国者数の更新を見込んでいるという。

同調査は7月1日に実施。

7月14日から9月30日にかけて日本を出発する、 H.I.S.の海外ツアーと海外航空券を対象に行った。

2012年の夏休み動向の特徴としては、9月に連休が取りづらいことから、家族旅行を中心に7・8月出発の予約が多いことが挙げられる。

特にグアム、ハワイといった渡航先が前年同日比で2桁増。

「家族で海外旅行」のファミリー専用商品も人気が高く、同社社主催のファミリー予約件数は前年同日比において5割以上の伸びで、夏のレジャー需要をけん引しているという。

全体的に対象期間を通じて昨年を上回り、前年同日比117%で推移。

特に8月出発は過去最高ペースで推移している。

人気渡航先ランキングでは10都市中7都市がアジアで、上位のソウル・バンコク・台北ともに2桁以上の伸び。

土日を利用した1泊2日の旅(ソウル・台北・上海)の商品も需要が高まっており、羽田空港からの出発が浸透してきた結果、海外旅行がより身近に感じられているようだ。

また、7月27日より開催されるロンドンオリンピックにおいて、同社は「JOC 公式旅行代理店」としてオリンピック観戦ツアーの販売を行っているが、日本人選手の活躍が期待される競技(体操・水泳・陸上・サッカーなど)観戦に関する問い合わせが増えている。

開催地であるロンドンではホテルが混み合い、渡航先をパリに変更してロンドンまで日帰り観戦するケースもあるという。

今年5月の「金環日食」の影響もあり、自然観測ツアーの注目が高まっている。

2011年〜2012年は十数年に一度のオーロラの当たり年といわれており、オーロラベルトの真下に位置するカナダ(イエローナイフ・ホワイトホース)での予約が増えている。

また、日本からの定期便のないアラスカは、自然の美しさがピークを迎えるシーズンとなり、往復直行便のチャーター便利用のツアーが新たな人気商品として予約を伸ばしているという。