体験型施設が充実! 幕張新都心にイオンモールの旗艦店2013年度誕生

写真拡大

イオンモールは7月5日、千葉県千葉市美浜区豊砂に広域対応型ショッピングモール「(仮称)イオンモール幕張新都心」を出店することを発表した。

グループ本社が集結している千葉市において初の大型ショッピングモール出店となり、イオンの総力を結集した旗艦店を目指す。

同計画地は千葉市美浜区と習志野市にまたがって計画されている「幕張新都心拡大地区」のうちの「豊砂地区」。

JR京葉線「海浜幕張駅」から約1kmの地点にあり、近くには幕張メッセなど目的性の高い商業施設等も集積しており、恵まれた道路状況とあわせて広域から集客を見込める立地であるという。

同ショッピングモールのコンセプトは「“ 夢中” が生まれる場所」。

物品を購入する場所としてだけではなくさまざまな「体験」の場を提供することで、顧客に新たな出会い・夢中になれることを提案していく。

具体的には昨今ブームになっているサイクリングやさまざまなスポーツが楽しめるゾーン、カメラや楽器などの体験型ホビーゾーン、親子で学べる職業体験ロールプレイテーマパーク、映画館やスパなどを展開。

多彩な体験ができるとともに、総合スーパーや専門店での買い物も楽しめるショッピングモールとなる。

同ショッピングモールの敷地面積は 約192,000平方メートル、延床面積は約213,000平方メートル。

2013年度の開店を予定している。