東京・二子玉川で謎の飛行物体の目撃証言相次ぐ! まるで「デコトラ」との声も

写真拡大

東京世田谷・二子玉川で2012年7月4日夜に、謎の飛行物体の目撃証言が相次いだ。それもひとりやふたりではなく、多くのネットユーザーが画像をTwitterなどで投稿しているのだ。なかでももっとも鮮明な画像を見ると、きらびやかな電飾に彩られており、まるで「デコトラ」(大量の電飾を備えたトラック)のように見えるとの声もある。これはいったい!? 
 
飛行物体に関する投稿は、同日20〜21時の間に集中している。もっとも鮮明な画像をとらえた、写真家の森下俊一さんの画像を見ると、緑や赤・青色の光がまぶしく輝いているのだ。

他のユーザーが公開している画像も、これに近い形状をしており、おそらく同一のものと思われる。ブログで目撃証言をつづっているデザイナーの松本卓也さんは、目撃当時の様子を伝えている。
 
「私が最初に氣づいたのは、国道246号線の二子玉川の橋の上を車で走行している時でした。今日は異様な月でしたので、空が氣になりチラチラと空を見ながら車を走らせてると、突然視界に入って来たド派手なUFO(笑) 思わず「デコトラ飛んでるしっ!」と、一人突っ込みw」(松本卓也さんのブログより引用)
 
もしもこの証言が彼だけのものであれば、「まさか」と思うのだが、他のTwitterユーザーからも「空にひかる物体発見!UFO?」や「二子玉上空にUFOがw」などの発言が続出。しかもその当時、現地では空を見上げる人が大勢いたとのことである。したがって、飛行物体の目撃者は相当数いるものと思われる。

ちなみに松本さんは、これを電飾凧ではないかと推測している。それにしてもこれはいったい何なのだろうか?謎は深まるばかりである。

参照元:Twitter,GRANDSWELL TIMES


画像をもっと見る